アニメーター

アニメーター

世界の「ジャパニメーション」を支える縁の下の力持ち。仕事はハードだが、世界的な注目度は高い

こんな人にピッタリ!

デッサン力があり、目に触れたものをスケッチするのが好きな人。人や動物やものの動きをじっくり観察できる人。粘り強く集中力があって、体力に自信のある人。パソコンの扱いにも慣れているといい。

どんな仕事?

動画を経て原画へ

演出家の描いた絵コンテをもとに、原画担当のアニメーターが指示どおりにそのシーンの基本となる原画を描く。次に動画担当のアニメーターが、原画の間をスムーズにつなぐ動画作りをする。動画担当から原画担当へとステップアップしていくのが一般的で、一人前になると、キャラクターデザインをまかされるようになる場合もある。背景や彩色、撮影は別の担当者が行っていく。CGアニメではこれらの作業をすべてコンピューター上で1人で行うことも。

これがポイント!

特別な資格は必要ない

アニメーターは資格制度ではないので、制作会社に入社できさえすれば、すぐにでもなることができる。しかし、原作者や演出家が生んだキャラクターを動かして命を吹き込む技師であることを肝に銘じておこう。とにかく忙しい職場なので、誰かに教えてもらう前に自ら先輩の技を勉強するなど、努力する姿勢が必要。

3DCGを使ったアニメが増えている

美術・芸術系の大学・短大やアニメーター養成の専門学校で、デッサンやデザインを学んでおくと就職には有利。アニメ制作会社は即戦力を求めているから、実技試験が必ずある。近年は一部に3DCGを使用したアニメも多いので、パソコンの技術も必要とされる。

将来はこうなる

セル画アニメからデジタルアニメで制作時間が大幅に短縮

世界では「ジャパニメーション」と呼ばれるほど、日本のアニメは映像や演出面で世界的に高い評価を得ている。デジタルワークの普及に伴い、彩色や撮影がコンピューター上で行われ、塗りのミスを簡単に修正できるようになったり、絵の具が乾く時間を待つ必要がなくなり、制作時間は大幅に短縮されている。しかし、近年では安いアニメーターを求めて、海外に動画が発注されることも多く、賃金の上昇はあまり期待できなさそうだ。

データボックス

収入は?

テレビアニメの場合、30分番組1本につき制作費は1千万円を下回る場合が多い。これに数多くの人がかかわるのだから、当然、アニメーターのギャラは安い。作業が動画のみの場合、1枚あたり150~200円で、月収は20万円以下の人が多い。しかも出来高払いであることが多いため、動画1枚描くのに時間がかかるとその分ギャラも下がる。ハードな割に収入が低いので、やめていく人も少なくない。CGアニメの場合はクライアント先によって制作費の相場はまちまち。数秒で30万〜300万円くらいの幅がある。年収も人によって大差あり。

休暇は?

大企業のような有給休暇や完全週休2日制はあまり望めない。制作のスピードによっては、徹夜で仕事をしなければならないこともある。

職場は?

アニメ制作会社。CGアニメの場合は、フリーや契約社員として活躍している人もいる。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP