メニュー閉じる

音楽家(クラシック)

音楽家(クラシック)

プロとして、スポットライトを浴びるのは一握り。しかし、自己表現を追求しながら、聴衆に感動を与えることのできるすばらしい仕事!

こんな人にピッタリ!

音楽が大好きで、感受性豊かなことが第一。プロをめざすなら、小さい頃から専門家についてのレッスンが欠かせない。根気強く練習することが大切なので、簡単にあきらめない粘り強さが必要。また、聴衆の前で実力を発揮できる度胸と表現力もかね備えていることが望ましい。

どんな仕事?

生活は不安定。でも音楽を愛していれば満足度は高い

コンサートや演奏会に出て収入を得るのがベストだが、国際的な賞を獲得するなど、卓越した実力が認められない限り、演奏活動だけで食べてゆくのは難しい。大手のオーケストラの団員になっても、生活は決して豊かではない。そのため、大半の人は音楽教室の講師や、ホテルやレストランでアルバイト演奏をしながら、小規模な演奏会などに発表の場を求めている。ただし、好きなことを仕事にしているという満足感は、何物にも代え難い。

これがポイント!

天才以外は音楽大学へ進学

若くしてデビューする天才的な人もいるが、普通は音楽大学へ進学する。一般に、ピアノ、管弦楽などの演奏家なら器楽科、歌手なら声楽科、指揮者をめざす人は指揮科で学ぶ。音大の受験では学科試験より専攻科目の実技試験の比重が大きいため、幼い頃から専門家について指導を受けた人のほうが有利。実力があるかないかかが明暗をわける。

オーケストラに入るには?

世界的に有名な音楽コンクールで上位入賞し、ソリストになる道もあるが、きわめて難しい。もうひとつの選択として、オーケストラの団員になる道がある。ただし、オーケストラでは通常、欠員が出たときだけ団員を募集するので、これもなかなかの難関。音楽教室の講師などのアルバイトをしながら、欠員が出るのを待つ人も少なくない。情報収集のために、恩師や先輩などと良好な人間関係をきずいておきたい。

地味だが根強いファンに支えられ、情熱を燃やし続ける

まれに例外はあるが、クラシックが爆発的なブームになることは考えにくい。といって、急激に下火になることもなく、一定のファンに支えられながら人気は継続していくと思われる。脚光を浴びるのはごく一部のトップ演奏家だけ、という状況は今後も変わらないだろう。

データボックス

収入は?

クラシック専門の演奏家の収入は、総じて恵まれたものとは言えない。オーケストラ団員は月給制のところもあるが、一般サラリーマンと比べて水準は低い。そのため個人レッスンなどの副業収入に頼っている人が多い。いちばん多いのがピアノの指導で、自宅で小・中学生に教える場合は1人1か月5000円〜1万円程度。また、ホテルなどのアルバイト演奏は2〜3時間で2万円程度。

休暇は?

仕事がまったくない日でも1日数時間の練習は欠かせない。演奏会の予定が入れば、土日や祝日に仕事をすることも多い。ホテルやレストランのアルバイトでは、夜間の仕事も少なくない。

職場は?

ソリストや、オーケストラの団員以外の選択肢として、大学や専門学校、高校、中学、民間の音楽教室、個人レッスンなどの教師、講師をつとめるという道もある。演奏活動以外のときには、それぞれの教壇がメインの職場となる。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP