メニュー閉じる

歌手・ミュージシャン

歌手・ミュージシャン

才能と努力、そして「運」を引き寄せられることが成功の条件。「自分の音楽が売れる音楽」という気持ちで売り込んでいこう

こんな人にピッタリ!

まず何よりも音楽が好きな人。アマチュアバンドで人気者になったことがある人。他人のコピーでなく、自分のやりたい音楽のスタイルがはっきりしていて、人の意見にも耳を傾けられる人。

どんな仕事?

ミュージシャンの活動は幅広い

歌手の場合は、ひとりまたはバンドのボーカルとして活動するのが主。スタジオミュージシャンは、レコーディングスタジオでの活動も多く、初めて見た譜面でも演奏できるテクニックが求められる。また、CMソングを主に手がける歌手やミュージシャンもいる。自分のネームバリューだけで活躍できる人はごくわずかだが、一流を目指すなら、夢は大きく持とう。

これがポイント!

チャンスは自分でつかむ

自分に才能があるかどうかは、なかなか自分では判断できない。そこで、そういう資質が自分にあるかどうか見極めるためにも、人前で歌ったり演奏する機会を作っていこう。レコード会社にデモテープを送ったり、コンテストやオーディションに応募するなど、音楽プロデューサーなどの目に触れる機会をしつこく探ろう。

プロへの近道はない

音楽系の専門学校や大学に行って、知識を広めたり、技術を高めるのもいいが、進学したからといってデビューできる確率があがるわけではない。しかし、同じようにプロを目指す友人に自分の曲を評価してもらったり、アマチュアバンドのメンバーを集めることはできる。進学してもしなくても、日々のスキルアップが大切なのだ。

将来はこうなる

ミュージシャンが必要とされるのは変わらない

コンピューター演奏の流行でスタジオミュージシャンの仕事が減った時期もあったが、最近、また生音が盛り返して、流行に左右されない実力がますます大切になってきている。また、音声圧縮技術の発達でインターネットによる音楽配信や、携帯電話の着うたなど、音楽流通の幅も広くなっている。CDの売上は減少しつつあるが、音楽が廃れることはないだろう。

データボックス

収入は?

所属事務所からの月給制か歩合制。新人のうちは10〜15万円程度からスタートするが、売れれば給料もあがっていく。ちなみに音楽CDの作詞・作曲の印税はそれぞれ売上の2%前後。歌唱印税もだいたい売上の2%程度が相場。契約によっては、買い取り(レコード会社が曲を買い取って、印税は支払われない)になることも。スタジオミュージシャンのギャラは、1時間1万円から1万5000円が相場。

休暇は?

チャンスをつかむまではひたすら練習と曲作り。一日中音楽のことを考えていられるくらいの情熱がなければ、この仕事は務まらない。

職場は?

芸能事務所やミュージシャンの事務所に所属して、レコーディングスタジオ、コンサートホール、ライブハウスなどで活動する。プロモーションのためにテレビ、ラジオへの出演も。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP