メニュー閉じる

記者

政治、経済から、犯罪などの事件、スポーツ、料理などの家庭のことまで、さまざまなニュースを取材し、報道する。活躍の場は新聞、雑誌、テレビなど。

こんな人にピッタリ!

好奇心、とりわけ人間に対する好奇心が強い人。多くの人にニュースを正確に早く伝えることを使命とするため、正義感、責任感も強くなくてはならない。また、忙しい仕事なので、体力と気力が必要。

どんな仕事?

「夜討ち朝駆け」も日常茶飯事のタフな仕事!

記者には新聞記者、雑誌記者、テレビの報道記者の三つがある。仕事内容は基本的にどれも同じで、世の中で起こった事件や出来事について、当事者や関係者を取材し、その結果浮かび上がった事実を記事(報道記者は記者自身が番組に出演してレポートすることもある)などにまとめて、読者や視聴者に伝えていく。「夜討ち朝駆け」(深夜や早朝に直撃取材する)や張り込みも日常茶飯事で、体力、精神力ともにタフであることが求められる。ハードワークの代表のような仕事だが、それでもがんばれるのは、自分が記事を書くことによって少しでもより良い社会になれば…という思いを持つ記者が多いからだろう。

これがポイント!

大手企業への就職は狭き門。幅広い知識が決め手に!

免許や資格は必要なく、専門教育を受ける必要もない。ただし、新聞、雑誌、放送局などの大手企業の入社試験はほとんどが大卒採用で、場合によっては倍率が100倍を超える競争を覚悟しなくてはならない。入社試験では時事問題のほか、幅広い知識が要求されるほか、語学力、文章力も試される。面接では判断力、コミュニケーション能力なども重要視される。在学中から積極的に人と交流し、世の中の動きに目を光らせておこう。

将来はこうなる

昨今、ニュースや情報を得るための手段として、インターネットの比重が大きくなりつつある。しかし、インターネット上で見ることができるニュースなどの記事そのものは、新聞社や通信社の記者が書いていることが多い。記者は「情報」がある限り必要とされる仕事だと言える。

収入は?

大手企業で比較すれば、テレビ局、出版社、新聞社という順で収入が高いといえそうだ。大手ならテレビ局、出版社、新聞社とも、勤続12〜13年の中堅社員で月収40〜50万円程度。深夜勤務など時間外手当なども膨らむので、他職業より高いといえる。ただし、ローカルテレビ局や、中小出版社、地方新聞紙・業界新聞紙などは、その会社の業績によって収入が大きく左右される。

休暇は?

大手ではきちんとした労働規約があるが、紙面作りや番組制作スケジュールが優先されるので、土日や祝日などに休めるとは限らない。中堅以下の会社ではさらに厳しいのが現実だろう。

職場は?

新聞社、出版社、テレビ局、通信社など。あるいは、それらと契約している編集プロダクションに所属する、フリー記者となるなどの道もある。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP