メニュー閉じる

脚本家・シナリオライター

脚本家・シナリオライター

時代や流行を切り取った、人々の心をつかむせりふを生み出し、ドラマや映画を作る。苦労も多いが、やりがい十分のクリエイティブな仕事

こんな人にピッタリ!

文章を書くのが好きで、文章力や構成力のある人。好奇心旺盛で観察力があり、目新しいアイデアと鋭い時代感覚を持っている人。ドラマや映画作りはチームプレーなので、協調性や徹夜に耐える体力も欠かせない。

どんな仕事?

小説との違いは?

映画や芝居、テレビやラジオのドラマ、ゲームなどの脚本(シナリオ)を書くのがシナリオライターの仕事。オリジナルの脚本を書く場合と原作をもとにする場合の2種類がある。いずれの場合も、小説家のように一人でコツコツ書き上げるのではなく、プロデューサーや監督などとの共同作業であることが特徴。それだけに相手の意見に対する理解力や柔軟性が大切。取材や資料集めも重要な仕事の一つだ。また、せりふの前に必ず発言者の名前が入り、せりふとせりふの間にはト書きという、時間や場所、登場人物の動きを表す文章が入るなど、小説とはまったく技法が異なる。

これがポイント!

大学へは進むべき?

実力と運、チャンスを見逃さない洞察力があれば、学歴は不問。人一倍、豊かな人生経験と幅広い教養が求められるので、大学に行っておいても必ずしも遠回りになるとは言えない。さまざまな人との出会いを大切にし、人生について考えていくことも、シナリオライターとしての大成につながっていく。

ノウハウを覚えるには?

基礎的なノウハウを覚えたいのなら、専門学校のシナリオライター養成コースや、映画会社のシナリオ研究所に入るのもお勧め。大学の演劇サークルなどで活動して、仲間の刺激を受けたり、シナリオに触れておくのもいい。

デビューへの近道は?

自分の書いたシナリオやプロット(あらすじ、構想)を持って、直接テレビ局やドラマ専門の制作会社などに売り込みにいくという方法もあるが、一番の近道はテレビ局や映画会社が公募するコンクールで賞を取ることだ。受賞すれば、ドラマや映画になる可能性もある。

将来はこうなる

デジタル放送の普及で需要は拡大!

BSデジタルやCS放送など、衛星放送の拡大によって、テレビの多チャンネル化は進んでいる。番組数の多さを考えれば、今後ニーズはますます高まっていくだろう。近年では、ヒット作を生むことで知名度が上がり、シナリオライターの名前が表に出てくることも増えたが、一部のシナリオライターに仕事が集中する傾向があるうえ、人気に仕事の量は大きく左右される。長く活躍するためには、常に勉強していく向上心が欠かせない。

データボックス

収入は?

基本的にはシナリオ1本につきいくらの契約で、ギャラは実力や放送局によってまちまち。なりたての頃はシナリオだけで食べていくのは大変だが、売れっ子になればギャラもグンとアップする。反面、仕事がまったく来なければ収入ゼロの恐れも。

休暇は?

仕事がなければ毎日が日曜日みたいなものだが、締め切り前は休みはなく、何日も徹夜が続くことも。完全に自己管理の世界だ。

職場は?

地域は、放送局や映画会社などが集中する東京が圧倒的。職場は、自宅と仕事場が同じという人が多い。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP