メニュー閉じる

DJ

ラジオDJはトークで、クラブDJは選曲で勝負。頼りはセンスと努力だけ。厳しそうだけど好きならめざせ!

こんな人にピッタリ!

音楽的才能、知識、素養はもちろん大事だが、なにより「音楽が好き」であること。ラジオDJは声がよく話題の豊富なタイプに向く。クラブDJは、場のムードをつかむ“鋭い感覚”も要求される。

どんな仕事?

ラジオDJはトークの技術、クラブDJは選曲センスが勝負

同じDJでも「ラジオ」と「クラブ」では、仕事の内容が大きく異なる。放送台本にそって番組を進行させながら、音楽やいろいろな情報をリスナーに伝えていくのがラジオDJ。リズム感あふれるトークのテクニックが求められる。一方、クラブDJの主な仕事は、選曲とターンテーブル、ミキサーの操作。店の雰囲気や客層にマッチした選曲と、微妙な音の具合の調整がカギになる。

これがポイント!

「弟子入り」が一番!

技術を磨くベストの方法は、先輩に「弟子入り」すること。同時にコネも作れる。スゴ腕のDJを探し、積極的にアタックしよう。基礎を学ぶために専門学校のDJ講座に通うのもいい。なお、ラジオDJをめざす場合、アナウンサーとして局に入社、オーディションに応募する道もある。

将来はこうなる

市場はまだまだ広がっていく

音楽の流通方法が、どんどん変化しているとは言っても、ラジオはリアルな情報を人の声で伝え、音楽なども発信することができる。そのためラジオDJは、これからも需要は続くだろう。そしてクラブDJも、世界の音楽シーンがダンスミュージック中心に様変わりしている現在、欠くことはできない。注目を浴び、市場は音楽の流通方法が、どんどん変化しているとは言っても、ラジオはリアルな情報を人の声で伝え、音楽なども発信することができる。そのためラジオDJは、これからも需要は続くだろう。そしてクラブDJも、世界の音楽シーンがダンスミュージック中心に様変わりしている現在、欠くことはできない。注目を浴び、市場はまだまだ広がっていくはずだ。

データボックス

収入は?

ラジオDJの場合、局の正社員になるか、フリーで活躍する。収入は、前者は局の規定に準じるし、後者は番組ごとの契約に応じる。フリーのギャラは「1時間番組で3万円」が平均。実力次第でかなりの高収入が得られる。 クラブDJは、店に社員として勤務するケースもあるが、多くはフリー契約。ギャラはそれほど高くはなく、ベテランでもひと晩で2万円程度。しかし、クラブDJだけで生計を立てられる人はごくわずかだ。

休暇は?

ひとつの組織に所属すると、仕事のスケジュールに合わせて、休みを取ることになる。

職場は?

放送局やクラブ、バー、ライヴハウスなど

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP