メニュー閉じる

編集者

小説や実用書などの書籍、マンガ誌、ファッション誌などの雑誌…。すべての本は編集者によって企画され、作られている。本作りの行程の最初から最後までかかわる大切な仕事!

こんな人にピッタリ!

編集という仕事は、世の中の人がおもしろいと思うことを本にする仕事なので、普段からいろいろなことに興味、感心を持って、流行に敏感であることが求められる。また、作家やイラストレーター、カメラマン、デザイナーなど、いろんな人と協力して本を作っていくので、協調性やリーダーシップも必要だ。クラスの学級新聞などを作るのが、楽しいと思ったことのある人が向いている。

どんな仕事?

編集者は、企画から完成までオールマイティーな能力が必要

まず、どんな本や雑誌にするのかという企画をたて、その本を作るためにはどんな人に協力してもらい、どういうスケジュールで仕上げるかを考える。本作りが始まると、作家やライター、イラストレーターや漫画家に原稿を依頼し、取材や撮影が必要なときは現場に立ちあう。上がってくる原稿や絵、写真のチェック、それらをきれいに見せるためのデザイン依頼、そして印刷所への入稿、校正など、本作りの工程すべてにかかわるのが編集者の仕事だ。このうち、特に重要なのは企画の立案で、新聞や雑誌をこまめにチェックしたり、いろいろな人に会って人脈を広げたりして、日ごろから記事になりそうなネタに目を光らせている人が多い。このほか、自分の作った本を書店に並べてもらうために、営業マン的な仕事をこなすこともある。

これがポイント!

大手出版社は大卒を採用。だけど裏ワザもある

大手出版社、新聞社の出版局などは、大卒以上の学歴を採用条件にしているが、そのほか数多くある中小出版社や、出版社の下請け的な仕事をする編集プロダクションでは、学歴はあまり問われない。高校卒業後に専門学校に行き、編集の基礎的な知識を身につけてからそういった職場に就職する人もいるし、アルバイトからスタートし、仕事をしながらノウハウを身につける人もいる。

将来はこうなる

現在、雑誌や書籍、パンフレットなど、あらゆる本の制作には、原稿やイラスト、写真などをデジタル化して、パソコンを使って仕事をする「DTP(デスクトップパブリッシング)」いう作業が取り入れられている。今後も出版界のデジタル化は、ますます進む傾向にあるので、DTPの技術を身につけておくと、就職にも有利だし、仕事もしやすくなるだろう。

データボックス

収入は?

大手出版社は他産業に比べてかなりの高水準といえる。ただし、圧倒的多数を占める小規模の出版社や編集プロダクションでは、不規則で拘束の長い労働時間の割に、収入は恵まれているとはいえない。若手の編集者で月収20万円程度のところも多い。本作りが好きだという情熱がないとやっていけないだろう。

休暇は?

大手の中には完全週休2日制が増えてきているが、それでも働くセクションに左右される。まして、一人で何役もこなす小規模の出版社や編集プロダクションでは、カレンダーどおりの休暇はまず望めない。どのような会社に勤めるにしろ、本作りのスケジュールが最優先されるので、締め切り前は休日出勤や連日の徹夜もあたりまえだ。

職場は?

出版社、新聞社、それらの下請け業務をする編集プロダクションがおもな職場。企業の広報でも編集のような作業を行うこともある。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP