メニュー閉じる

モデル

スーパーモデルといわれる存在になると、その生活スタイルさえお手本になるぐらいステイタスのある仕事。単に「きれい」なだけでなく、知性と個性的な美しさが必要。

こんな人にピッタリ!

背が高く、スタイル抜群で、ピカリと光るチャームポイントを持っている人。また、常に美しい身体でいるための自己管理能力や、オーディションに落ちてもすぐに前向きになれる精神的タフさも必要。

どんな仕事?

自分の魅力を最大限引き出すのが仕事

モデルには大きく分けて、広告や雑誌のモデルと、ファッションショーに出演するショーモデルがある。広告・雑誌のモデルの場合、スタジオなどで、カメラマンや編集者、広告ディレクターの指示に従っていろいろな表情を演じ、ポーズを決めながら撮影を進める。一方、ショーモデルは、世界中で開催されるファッションショーの舞台に立ち、ファッションデザイナーの作品をアピールするのが仕事だ。いずれにしても、自分の魅力を最大限引き出すことが求められるので、プロポーションや肌のコンディションを保つために、私生活でもストイックな生活態度が求められる。

これがポイント!

まずはモデル事務所へ

学歴や資格は必要ない。モデルになるためには、まずモデル事務所に所属することからはじまる。街でスカウトされる場合もあれば、モデルスクールなどで学んだ後、自分から履歴書と写真を事務所に送り、面接を受ける人もいる。最近はファッション雑誌の読者モデルに応募して、道が開ける場合も少なくない。事務所に採用されると、写真とプロフィールが書かれた資料が作られ、事務所が営業活動をしてくれる。

一人前になるまでは厳しい道のり

ただし、モデル事務所に入ってもすぐに仕事があるわけではない。何回もオーディションにチャレンジし、仕事をもらえればラッキー。新人モデルのほとんどは、仕事が軌道に乗るまでアルバイトなどで生計を立てている。

将来はこうなる

したたかさと演技力でタレントに転身する道も…

競争は激しい。単に若くてプロポーションがいいだけでは、あっという間に“使い捨て”にされてしまう。第一線のファッションモデルとして活躍できるのは20代半ばくらいまで。ただし、演技力をみがけば、タレントや女優に転身する道もある。

データボックス

収入は?

ショーモデルは1日2回の出演で5〜10万円が相場。売れっ子なら1日40〜50万円以上の場合も。世界で活躍するスーパーモデルになると、1日で100万円以上になるとも言われている。広告・雑誌系モデルは1回1万円程度から10万円以上まで、ランクと予算によって異なる。いずれにしても歩合制なので、まずオーディションなどにパスして仕事を取ることが先決だ。

休暇は?

モデルによってまちまちで、ほとんど休みがないほど多忙な人もいれば、働いている日のほうが少ない人も。

職場は?

雑誌、CM、イベント会場、ファッションショーなどがおもな活躍の場。売れっ子モデルになれば、タレントや女優になるチャンスがグッと大きくなる。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP