メニュー閉じる

TVディレクター

TVディレクター

大ぜいのスタッフをまとめて、さまざまなテレビ番組をつくり上げる。

こんな人にピッタリ!

まわりに細かい気配りができ、統率力(とうそつりょく)と判断力(はんだんりょく)のある人。想像力(そうぞうりょく)が豊かで、体力に自信のある人。

どんな仕事?

テレビ番組制作現場の責任者

いろんなスタッフや出演者(しゅつえんしゃ)をまとめ、番組をつくり上げるのが仕事だ。企画(きかく)や台本、出演者などを選んで番組を演出(えんしゅつ)し、音きょう、照明やえんぎ指導(しどう)、VTRの組み立てや編集(へんしゅう)まで、テレビ番組のすべてに関わる。つまり番組のおもしろさは、TVディレクターのうでにかかっている。なお、TVディレクターとひとくちにいっても、番組や会社によって仕事内容は違う。人気バラエティ番組の場合、コーナーごとにディレクターがいる場合が多いようだ。

これがポイント!

別職種から転職するケースが多い

広告業界でディレクターをしていた人が、その経験(けいけん)を活かしてテレビ業界に入ってきたり、番組をせい作する会社やプロダクションといったところから転職(てんしょく)する人が多いようだ。もちろんテレビ局に入り、アシスタントディレクターから始める人もいる。また、ディレクターとして認められれば、プロデューサーとしてかつやくするチャンスもある。

専門学校や大学を卒業する

えいぞうのせん門学校や大学を卒業し、アシスタントディレクター(AD)としてテレビ業界に入り、そこからステップアップしてディレクターになる方法もある。ただし、えいぞうの勉強をしたらからといって、TVディレクターになれるとはかぎらない。テレビやえいぞうにくわしいことよりも、好奇心(こうきしん)とはば広い知識(ちしき)があることのほうが、後々仕事をしていて大事になってくる。

将来はこうなる

視聴率獲得(しちょうりつかくとく)のためにも責任重大

昔からはげしい視聴率競争(しちょうりつきょうそう)がくり広げられているテレビ業界。パソコンを使える人がふえ、テレビを見る人がへっているため、どんどん新しい企画(きかく)を出して、新番組はもちろん今ある番組も視聴率を上げなければならない。そのため、TVディレクターの役わりは、より重要になってくるだろう。

収入は?

初任給(しょにんきゅう)は20万円くらい。30さいで比べると、TV局のキー局なら年収(ねんしゅう)1000万円をこえることもあるが、地方局では年収700〜800万円くらい。さらに番組制作会社では年収400万円程度と大きな差がある。

休暇は?

土日きんむありのシフトや、月4日以上など、会社やたん当する番組によってまちまち。

職場は?

テレビ局(キー局、地方局)、番組制作会社。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP