絵本作家

子どもがわくわくしたり、おどろくような空想の世界を絵と文章でえがき、本にしてたくさんの人たちにとどける。ゆめのある仕事として、人気が高い。

こんな人にピッタリ!

地道な作業ができる人。ものごとに熱中しやすい人。

どんな仕事?

絵本のストーリーとさし絵の両方を手がけるクリエイター

絵本作家とは、まんが家と同様に、一人で作家とイラストレーターの両方をかねて、絵本をつくる人のことを言う。絵本といえば、子ども向けのものが多いが、近年は若い女せいや、いっぱんの人向けにつくられた絵本もある。絵本作家はまず、どんな絵本をつくるのかを考え、絵のタッチや文章、文章をを入れる位置などを決めながら、自分の技術(ぎじゅつ)や感性(かんせい)のすべてを一さつの本につめこんでいく。いい絵本を作るには、日ごろから身の回りのことを注意ぶかく見つめて、絵本の題材となるものをさがせる「目」をもたなければならない。

これがポイント!

コンクールで入賞するか、出版社に作品をもちこむ

絵本作家になるには、特に資格(しかく)は問われない。まず、絵本作家としてデビューするには、出版社(しゅっぱんしゃ)の絵本コンクールに入賞したり、自分のえがいた作品を出版社にもちこんで、才能(さいのう)がみとめられることで道がひらける。そのため、出版社がとびつくような、自分らしいゆたかな発想と表現力(ひょうげんりょく)を身につけておくことがもとめられる。なお、ベストセラーの絵本作家として生活している人は数少なく、まんが家やイラストレーターが絵本作家として作品を発表したり、主婦(しゅふ)が絵本をえがくなど、ほかの仕事とかけもちしている人は多い。

大学やせんもん学校で絵のきほんを学ぶ

絵をえがくためのきそを学びたい人は、美じゅつ系の大学や専門学校に通って技術(ぎじゅつ)を身につけておくと、絵本をえがくときに役立つ。また、絵本を作る講座(こうざ)に通ったり、自たくで学べる絵本の通信講座(つうしんこうざ)をうけてみるのもひとつの方法だ。また、日ごろから自分らしいフィルターで身の回りのことを見つめ、絵本の題材となるものを探すことも欠かせない。

将来はこうなる

本当にいい絵本はずっとあいされる

子どもの数が少なく、そもそも不景気で本がうれない、と言われているこのこのごろ。絵本だけで食べていくのは決してかんたんなことではないが、いい絵本はだれかの目にとまるもの。小説とはちがい、一気に何100万部も売れることはまずないが、ロングセラーになって、何年も読みつがれている絵本はたくさんある。いいものをつくる努力をしていれば、いつかチャンスがめぐってくるはずだ。

データボックス

収入は?

ほとんどの絵本作家はフリーで活やくしているため、本の印税(いんぜい)、ざっしのけいさい料などが収入げんだ。そのため、うれっ子になるまで、イラストレーターなどの仕事をしながら生活していることが多い。

休暇は?

会社につとめていなければ、自由に設定(せってい)できる。しかし、しめきり前は休みがとれないほどいそがしい。

職場は?

自分の家。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP