メニュー閉じる

映画監督

映画を作品に仕上げるための、総責任者(そうせきにんしゃ)だ。無事に作品を完成させ、多くの人に感動をあたえられれば、今までの苦労がむくわれ、大きな満足感がえられる。

こんな人にピッタリ!

目標に向かってつきすすむ。感動しやすい。みんなをまとめるのが好き。

どんな仕事?

作品づくりの責任者として、みんなの力を引き出す

企画(きかく)から脚本(きゃくほん)作り、出演者やスタッフを考えたり、さつえい、フィルムの編集、音楽の発注、仕上げまで、映画づくりのすべてに関わるのが映画監督だ。出演者が脚本とちがう演技をしたとしても、監督がその演技を使うか使わないかを決めるが、全体の仕上がりを計算しながら出演者と話し合い、演技する側も、自由に役を表現してもらえるように心をくばったりもする。映画を見る人の予想をうらぎり、期待をうらぎらない作品を作ることが求められる。

これがポイント!

大学やせんもん学校で、映画に関する技術を学ぶ

映画監督になるには、とくに資格(しかく)は問われない。大学の芸術学部や映像関連のせんもん学校で、映画監督に必要な技術を学ぶことが多いようだ。いっぱん的には、映画会社や映像制作会社に入り、助監督を経験して、能力がみとめられてから映画監督になることが多い。ただし、最近は俳優(はいゆう)やタレント、脚本家や小説家が、映画監督になるケースも多い。このように映画監督になって作品をつくる人は数多くいるが、長く活やくする人は少ないため、きびしい世界だともいえる。

自らの才能と人脈を味方につけ、地道に努力する

自分の名前だけで観客を集められる映画監督はごくわずかといってもよい。何本かの映画にかかわり、運よくヒット作が出て、ようやく映画監督として注目されるようになるのだ。まずは、自分自身の才能と人脈を味方につけて、努力を続けることが大切だ。「映画の仕事がしたい!」という熱意を持ち、地道に脚本を書いて、自主制作映画をつくり、映画コンクールにおうぼしてチャンスをつかむ方法もある。

将来はこうなる

映画がネットでダウンロードして観る時代がくるかも?

今や映画をとるための機材が安くなり、だれもが映画監督になれる時代。どれだけ観客の心をいい意味でうらぎるおもしろい作品をつくれるか。そこが映画監督としてのうでの見せどころだろう。一方、映画の売り上げはのびなやみをみせている。今後、映画はネット上でダウンロードして観る時代がおとずれるともいわれている。映像ビジネスが大きく変わっていくと共に、映画監督の求められるものも変化していくはずだ。

データボックス

収入は?

映画1本につきいくら、というギャランティー制のため、決まった収入はない。売れている映画監督でも映画だけで食べていくのはむずかしく、CMなどの仕事もして、収入をえていることが多いようだ。ただし、つくった映画がヒットすれば、億万長者も夢ではない。

休暇は?

とくに決まっていない。映画をとっている間は、長い場合で半年以上休みがないことも。

職場は?

映画会社や映像制作会社など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP