メニュー閉じる

ナレーター

テレビコマーシャルや映画(えいが)、テレビ番組(ばんぐみ)などに、(こえ)でコメントや言葉(ことば)()せる仕事(しごと)最近(さいきん)は、声優(せいゆう)やアナウンサーが(つと)めることが(おお)い。

こんな(ひと)にピッタリ!

(ひと)をひきつけられる魅力(みりょく)のある(こえ)()(ぬし)(こえ)だけで(すべ)てを表現(ひょうげん)するため、表現力(ひょうげんりょく)(ゆた)かで、必要(ひつよう)とされている(こえ)をすぐに()せる判断力(はんだんりょく)必要(ひつよう)だ。

どんな仕事(しごと)

(こえ)映像(えいぞう)のイメージを(つた)える

テレビコマーシャルや映画(えいが)、テレビ番組(ばんぐみ)、ラジオなどで、映像(えいぞう)のイメージを(こえ)だけで(つた)えるのが仕事(しごと)だ。印象(いんしょう)(のこ)(こえ)でありながら、映像(えいぞう)のじゃまにならないように、その面白(おもしろ)さを言葉(ことば)表現(ひょうげん)しなければならない。(みじか)時間(じかん)(ない)番組(ばんぐみ)(すじ)場面(ばめん)登場(とうじょう)人物(じんぶつ)心理(しんり)などを説明(せつめい)しなければならないことが(おお)いため、時間(じかん)(ない)にピッタリ()わせられるように原稿(げんこう)()技術(ぎじゅつ)(もと)められる。

これがポイント!

養成所(ようせいじょ)やスクールに(かよ)

(とく)学歴(がくれき)資格(しかく)必要(ひつよう)ないが、(なん)経験(けいけん)もなく()()みでナレーターになれる可能性(かのうせい)はほとんどない。ナレーションのスクールやタレント養成所(ようせいじょ)、アナウンスの専門(せんもん)学校(がっこう)などで、まずは発声(はっせい)技術(ぎじゅつ)(まな)び、オーディションを()けて合格(ごうかく)するのが一般(いっぱん)(てき)方法(ほうほう)だ。

声優(せいゆう)やアナウンサーがナレーターを(つと)めることも

近年(きんねん)のテレビ番組(ばんぐみ)では、専門(せんもん)のナレーターではなく、声優(せいゆう)やアナウンサーがナレーターを(つと)めることが()えている。声優(せいゆう)やアナウンサーを目指(めざ)すのも(ひと)つの方法(ほうほう)だ。また、芸能(げいのう)プロダクションやタレント事務所(じむしょ)所属(しょぞく)しながら、活動(かつどう)していく()もある。

結婚(けっこん)(しき)やイベントの司会(しかい)などのニーズも!

ナレーターは、映像(えいぞう)やラジオの仕事(しごと)だけではなく、結婚(けっこん)(しき)やイベントの司会(しかい)などに()ばれることもある。地道(じみち)仕事(しごと)(つづ)けていけば、知名度(ちめいど)()がって仕事(しごと)もどんどん()えていくだろう。

将来(しょうらい)はこうなる

(あじ)」のある(こえ)(もと)められる

近年(きんねん)は「(あじ)」のある(こえ)()俳優(はいゆう)やタレントが、ナレーターをするケースも()てきた。その(ぶん)、ナレーターを職業(しょくぎょう)にしている(ひと)にとっては、仕事(しごと)()ってきてしまっていると()える。だが、しっかり言葉(ことば)(はな)せたり、機転(きてん)()くコメントができたりする(ひと)であれば、ナレーターとして活躍(かつやく)することができるだろう。(こえ)には「(ひと)」が(あらわ)れる。自分(じぶん)人間性(にんげんせい)をみがいていくことも、(つね)(もと)められていく。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

仕事(しごと)内容(ないよう)経験(けいけん)知名度(ちめいど)によって様々(さまざま)だが、1(にち)1(まん)5000(えん)から8(まん)(えん)くらいと()われている。つまり、(つき)に20日間(にちかん)(はたら)いた場合(ばあい)月収(げっしゅう)最低(さいてい)でも30(まん)(えん)くらいになる。番組(ばんぐみ)のナレーションをする場合(ばあい)は、番組(ばんぐみ)単位(たんい)でギャラが支払(しはら)われることもある。

休暇(きゅうか)は?

仕事(しごと)次第(しだい)結婚(けっこん)(しき)やイベントの司会(しかい)をする(とき)は、土日(どにち)仕事(しごと)になることも。

職場(しょくば)は?

テレビ(きょく)、ラジオ(きょく)番組(ばんぐみ)制作(せいさく)会社(がいしゃ)録音(ろくおん)スタジオなど。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP