メニュー閉じる

着ぐるみ俳優

着ぐるみ俳優

テレビドラマ、映画(えいが)、ヒーローショーなどで、()ぐるみを()(やく)(えん)じるタレントのこと。(たか)(ところ)から()()りるなどの、危険(きけん)なスタントをすることも。(からだ)()って、()どもから大人(おとな)まで(おお)くの(ひと)(ゆめ)をあたえる仕事(しごと)だ。

こんな(ひと)にピッタリ!

運動(うんどう)得意(とくい)体力(たいりょく)のある(ひと)。あこがれで()わらず、(こころざし)()って努力(どりょく)できる(ひと)演技(えんぎ)(りょく)がある(ひと)自分(じぶん)演技(えんぎ)研究(けんきゅう)し、感性(かんせい)をみがける(ひと)

どんな仕事(しごと)

テレビや映画(えいが)、ヒーローショーで()()をつくる

変身(へんしん)ヒーローや、かいじゅうなど、()ぐるみを()ているタレントのこと。日本(にほん)()まれた演技(えんぎ)のスタイルで、特撮(とくさつ)のドラマや映画(えいが)などには()かせない存在(そんざい)である。お(きゃく)さんの()やカメラの場所(ばしょ)確認(かくにん)しつつ、全身(ぜんしん)使(つか)って感情(かんじょう)表現(ひょうげん)する、高度(こうど)演技力(えんぎりょく)(もと)められる。またスーツや()ぐるみは、()える範囲(はんい)がせまく、風通(かぜとお)しも(わる)いため、顔出(かおだ)しで演技(えんぎ)をする(とき)よりも大変(たいへん)だ。しかもその()ぐるみを()て、危険(きけん)なアクションをこなす度胸(どきょう)(もと)められる。たくさんのスタッフと(つく)()げたテレビや映画(えいが)()(とき)満足感(まんぞくかん)はたまらない。

これがポイント!

スタントマンを(そだ)てる養成所(ようせいじょ)(かよ)

演技力(えんぎりょく)とアクションのセンスが(もと)められるため、スタントマンを(そだ)てる養成所(ようせいじょ)(かよ)おう。そこで自分(じぶん)身体(しんたい)能力(のうりょく)()かし、演技力(えんぎりょく)をみがいて、俳優(はいゆう)事務所(じむしょ)所属(しょぞく)するのが一般(いっぱん)(てき)。まずは仕事場(しごとば)先輩(せんぱい)()ぐるみを()手伝(てつだ)いから(はじ)め、さつえいの(なが)れを()る。(つぎ)に、脇役(わきやく)として()ぐるみを()ていい演技(えんぎ)をし、監督(かんとく)(みと)められるようになろう。そしてヒーローや、かいじゅうなどの目立(めだ)(やく)(えん)じるチャンスにつなげていかなければならない。一方(いっぽう)では、地方(ちほう)(ちい)さな俳優(はいゆう)事務所(じむしょ)(はい)り、地元(じもと)(おこな)われるヒーローショーでがんばっている()ぐるみ俳優(はいゆう)もいる。

将来(しょうらい)はこうなる

演技力(えんぎりょく)をみがき(つづ)ける(ひと)活躍(かつやく)する

近年(きんねん)特撮(とくさつ)ヒーローものにあこがれて、()ぐるみ俳優(はいゆう)目指(めざ)(ひと)(おお)いようだ。(むかし)女性(じょせい)のヒーロー(やく)男性(だんせい)()ぐるみ俳優(はいゆう)(えん)じていたが、女性(じょせい)()ぐるみ俳優(はいゆう)活躍(かつやく)()えてきている。また、アクションよりもどれだけ演技(えんぎ)(りょく)があるかが(もと)められるため、現在(げんざい)主役(しゅやく)(きゅう)(えん)じているのは40(だい)前後(ぜんご)のベテラン俳優(はいゆう)ばかりだ。自分(じぶん)演技力(えんぎりょく)を、(つね)にみがいていける(ひと)()(のこ)れる(きび)しい世界(せかい)なのだ。今後(こんご)もそれは()わらないだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

それまでの経験(けいけん)と、あたえられた(やく)によって(おお)きくちがってくるが、15(まん)(えん)くらいからだ。

休暇(きゅうか)は?

ヒーローショー、テレビ、映画(えいが)など、仕事(しごと)内容(ないよう)によってちがってくる。()れっ()になれば、休日(きゅうじつ)仕事(しごと)のスケジュールが優先(ゆうせん)されるため、(やす)みは不定期(ふていき)になる。

職場(しょくば)は?

ヒーローショー、ロケ()(やま)(なか)海岸(かいがん))など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP