メニュー閉じる

着ぐるみ俳優

着ぐるみ俳優

テレビドラマ、えいが、ヒーローショーなどで、着ぐるみを着て役を演じるタレントのこと。高いところから飛びおりるなどの、きけんなスタントをすることも。体をはって、子どもから大人まで多くの人に夢をあたえる仕事だ。

こんな人にピッタリ!

運動が得意で体力のある人。あこがれで終わらず、こころざしを持って努力できる人。演技力がある人。自分の演技を研究し、感性をみがける人。

どんな仕事?

テレビや映画、ヒーローショーで見せ場をつくる

変身ヒーローやかいじゅうなど、着ぐるみを着ているタレントのこと。日本で生まれた演技のスタイルで、特撮(とくさつ)のドラマや映画などにはかかせない存在である。お客さんの目やカメラの場所を確認しつつ、全身を使って感情を表現する、高度な演技力が求められる。またスーツや着ぐるみは、見えるはんいがせまく、風通しも悪いため、顔出しで演技をするときよりも大変だ。しかもその着ぐるみを着て、きけんなアクションをこなすどきょうも求められる。たくさんのスタッフと作り上げたテレビや映画を見たときの満足感はたまらない。

これがポイント!

スタントマンを育てる養成所に通う

演技力とアクションのセンスが求められるため、スタントマンを育てる養成所に通おう。そこで自分の身体能力を活かし、演技力をみがいて、俳優事務所(はいゆうじむしょ)に所属するのがいっぱん的。まずは仕事場で先ぱいが着ぐるみを着る手伝いからはじめ、さつえいの流れを知る。次に、脇役(わきやく)として着ぐるみを着ていい演技をし、監督(かんとく)に認められるようになろう。そして、ヒーローやかいじゅうなどの目立つ役を演じるチャンスにつなげていかなければならない。一方では、地方の小さな俳優事務所に入り、地元で行われるヒーローショーでがんばっている着ぐるみ俳優もいる。

将来はこうなる

演技力をみがきつづける人が活やくする

近年、特撮ヒーローものにあこがれて、着ぐるみ俳優を目指す人が多いようだ。むかしは女性のヒーロー役も男性の着ぐるみ俳優が演じていたが、女性の着ぐるみ俳優の活やくもふえてきている。また、アクションよりもどれだけ演技力があるかが求められるため、現在、主役級を演じているのは40代前後のベテラン俳優ばかりだ。自分の演技力を、つねにみがいていける人が生き残れるきびしい世界なのだ。今後もそれは変わらないだろう。

データボックス

収入は?

それまでの経験とあたえられた役によって大きくちがってくるが、15万円くらいからだ。

休暇は?

ヒーローショー、テレビ、映画など、仕事の内容によってちがってくる。売れっ子になれば、休日は仕事のスケジュールがゆう先されるため、休みは不定期になる。

職場は?

ヒーローショー、ロケ地(山の中や海岸)など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP