メニュー閉じる

ピアノ調律師

ピアノ調律師

ピアノが(もっと)()(おと)()るように調整(ちょうせい)するピアノのお医者(いしゃ)さんだ。

こんな(ひと)にピッタリ!

自分(じぶん)から(すす)んでやる。直感力(ちょっかんりょく)がするどい。自分(じぶん)のこだわりがある。

どんな仕事(しごと)

ピアノが()(おと)()るように調整(ちょうせい)する

ピアノは気温(きおん)湿度(しつど)変化(へんか)()けやすい楽器(がっき)だ。そのピアノの状態(じょうたい)最高(さいこう)(たも)つのが、ピアノ調律師(ちょうりつし)仕事(しごと)だ。基本的(きほんてき)音程(おんてい)(つく)る「調律(ちょうりつ)」のほか、(もっと)()状態(じょうたい)(おと)()るように整備(せいび)する「整調(せいちょう)」、演奏者(えんそうしゃ)のイメージ(どお)りのデリケートな音色(ねいろ)(つく)る「整音(せいおん)」の3つがある。さらに、防音(ぼうおん)について相談(そうだん)()ったり、温度(おんど)湿度(しつど)管理(かんり)についてアドバイスをしたりすることもある。ピアノの調律(ちょうりつ)には、(ちい)さな(おと)()()ける(ちから)集中力(しゅうちゅうりょく)はもちろん、お(きゃく)さんが満足(まんぞく)する(おと)(づく)りのためのコミュニケーション(りょく)必要(ひつよう)である。自分(じぶん)調律(ちょうりつ)したピアノが、素晴(すば)らしい(おと)(かな)でることが、ピアノ調律師(ちょうりつし)にとって一番(いちばん)(しあわ)せな瞬間(しゅんかん)だ。

これがポイント!

調律(ちょうりつ)学校(がっこう)などでピアノの調律(ちょうりつ)について(まな)

ピアノメーカーなどに付属(ふぞく)する調律師(ちょうりつし)養成所(ようせいじょ)や、調律科(ちょうりつか)のある音楽大学(おんがくだいがく)専門学校(せんもんがっこう)(まな)ぶか、高校(こうこう)()てすぐに修理(しゅうり)メンテナンス部門(ぶもん)のあるピアノ販売(はんばい)会社(がいしゃ)などに(はい)って修行(しゅぎょう)するのが一般(いっぱん)(てき)だ。調律師(ちょうりつし)仕事(しごと)といっても、一般(いっぱん)家庭(かてい)から専門家(せんもんか)()け、調律(ちょうりつ)以外(いがい)にも調整(ちょうせい)修理(しゅうり)をする技術(ぎじゅつ)必要(ひつよう)で、工場(こうじょう)(はたら)場合(ばあい)もあるため、仕事(しごと)内容(ないよう)様々(さまざま)だ。自分(じぶん)がどんな調律師(ちょうりつし)目指(めざ)したいのかで、学校(がっこう)(えら)びをするといいだろう。そして楽器(がっき)メーカーや販売店(はんばいてん)修理(しゅうり)工場(こうじょう)調律師(ちょうりつし)会社(かいしゃ)などに(はい)って経験(けいけん)何年(なんねん)()み、資格(しかく)審査(しんさ)合格(ごうかく)して、ピアノ調律師(ちょうりつし)協会(きょうかい)会員(かいいん)になるのが一人前(いちにんまえ)目安(めやす)となっている。

1オクターブを、たたくことができる

ピアノの(おと)()わせる(とき)に、1オクターブを同時(どうじ)(おと)()して()わせる作業(さぎょう)がある。そのため、(ゆび)(ひろ)げて1オクターブのけんばんに(とど)くことが(のぞ)ましい。部品(ぶひん)点検(てんけん)調整(ちょうせい)には、何百個(なんびゃっこ)もあるネジをドライバーで(まわ)さなければならないため、右手(みぎて)握力(あくりょく)があることも大切(たいせつ)だ。また、身長(しんちょう)は150センチ以上(いじょう)ないとアップライトピアノを調律(ちょうりつ)する(とき)に、作業(さぎょう)(むずか)しい。学校(がっこう)によっては、調律師(ちょうりつし)目指(めざ)(ひと)身長(しんちょう)目安(めやす)が、154センチ以上(いじょう)となっている場合(ばあい)もある。

将来(しょうらい)はこうなる

ピアノとお(きゃく)さんを大事(だいじ)にするピアノ調律師(ちょうりつし)()(のこ)

一般(いっぱん)家庭(かてい)にあるピアノの調律(ちょうりつ)目安(めやす)は1(ねん)に1~2(かい)だ。また、現在(げんざい)日本(にほん)家庭(かてい)は5けんに1けんがピアノを()っているため、家庭(かてい)のピアノ台数(だいすう)はこれ以上(いじょう)(おお)きく()える見込(みこ)みはなく、販売(はんばい)台数(だいすう)()っているのが現状(げんじょう)だ。調律(ちょうりつ)必要(ひつよう)のない電子(でんし)ピアノが()えているのも、(ひと)つの理由(りゆう)のようである。とはいえ、定年(ていねん)()子育(こそだ)てが()わった中高年(ちゅうこうねん)(ひと)たちの(なか)には、趣味(しゅみ)(ひと)つとしてピアノを()って、熱心(ねっしん)練習(れんしゅう)する(ひと)()えている。ピアノを(あい)してやまない(ひと)に、より()状態(じょうたい)でピアノを()いてもらうために努力(どりょく)する、ピアノ調律師(ちょうりつし)今後(こんご)活躍(かつやく)していくだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

所属(しょぞく)するお(みせ)や、社員(しゃいん)なのかフリーなのかによって、ちがってくる。楽器店(がっきてん)所属(しょぞく)する場合(ばあい)初任給(しょにんきゅう)(つき)20(まん)(えん)くらいからだ。なお、調律(ちょうりつ)料金(りょうきん)は1(まん)(えん)以上(いじょう)するのが一般(いっぱん)(てき)だ。

休暇(きゅうか)は?

(はたら)(かた)によっても休日(きゅうじつ)()わってくるが、(つき)に4~6(にち)程度(ていど)(やす)みを()っていることが(おお)いようだ。発表会(はっぴょうかい)やイベントなどで休日(きゅうじつ)出社(しゅっしゃ)もある。

職場(しょくば)は?

楽器(がっき)メーカーや楽器店(がっきてん)調律師(ちょうりつし)派遣(はけん)する事務所(じむしょ)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP