メニュー閉じる

リポーター

事件やイベントなどのげんばに出かけ、テレビやラジオの放送で生の声を伝える。かぎられた時間の中で、わかりやすく自分の言葉で話す力が求められる。

こんな人にピッタリ!

行動力のある人。自分の考えをわかりやすく相手に伝えられる人。人と話すのが好きな人。体力に自信のある人。

どんな仕事?

事件やイベントなどで自分の見たものをリポートする

テレビやラジオの番組で、事件やイベントなどをリポートするのが仕事だ。リポートする内容は、政治、芸能、ニュース、スポーツ、イベント会場、グルメなどさまざま。仕事の流れは、きかくにそった情報や資料を集め、取材に出かけて台本を作成し、番組でリポートする。そしてかぎられた時間の中で、どれだけわかりやすく自分の言葉で伝えられるのかがポイントだ。つねに取材対象にきょうみを持ち、テレビやラジオを見ている人の共感を得られるような親しみさがある人でないとつとまらない。

これがポイント!

テレビ局やラジオ局、芸能プロダクションに入る

リポーターになるには、とくに資格は求められない。大学・短大、もしくはアナウンススクールのリポーター養成コースなどに進み、テレビ局やラジオ局、芸能プロダクションなどに入って、リポーターになることが多いようだ。しかし、オーディションを受けて合格しないと仕事がもらえないため、なかなかきびしい世界でもある。話すことが仕事のため、正しい日本語が使えること、自分の考えやイメージをわかりやすく相手に伝えられることが大事になってくる。また、やると決めたらすぐに動ける行動力、ほかのスタッフの人たちのチームワークを大切にできる協調性、機転をきかすことも求められる。

将来はこうなる

情報整理と深いちしきがぎょうかいで活やくするカギ

リポーターはふつう、芸能、スポーツ、グルメ、旅など自分のとくいなせんもん分野を持っている。その情報をどれだけ多く、どれだけ深く身につけているかが、活やくできる大きな分かれ目になる。今後もたくさんの資料をきちんと整理して、はば広い人脈をふやしていくことは、リポーターの強みとなり長く活やくしていけるかぎとなるだろう。

データボックス

収入は?

一日あたりの収入は1万5000円〜8万円くらい。経験がたくさんあるほうが収入はアップする。

休暇は?

決まっていない。とくに売れっ子の場合は、日々各地をとびまわっている

職場は?

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP