メニュー閉じる

リポーター

事件(じけん)やイベントなどの現場(げんば)()かけ、テレビやラジオの放送(ほうそう)(なま)(こえ)(つた)える。(かぎ)られた時間(じかん)(なか)で、()かりやすく自分(じぶん)言葉(ことば)(はな)(ちから)(もと)められる。

こんな(ひと)にピッタリ!

行動力(こうどうりょく)のある(ひと)自分(じぶん)(かんが)えを()かりやすく相手(あいて)(つた)えられる(ひと)(ひと)(はな)すのが()きな(ひと)体力(たいりょく)自信(じしん)のある(ひと)

どんな仕事(しごと)

事件(じけん)やイベントなどで自分(じぶん)()たものをリポートする

テレビやラジオの番組(ばんぐみ)で、事件(じけん)やイベントなどをリポートするのが仕事(しごと)だ。リポートする内容(ないよう)は、政治(せいじ)芸能(げいのう)、ニュース、スポーツ、イベント会場(かいじょう)、グルメなど様々(さまざま)仕事(しごと)(なが)れは、企画(きかく)沿(そっ)った情報(じょうほう)資料(しりょう)(あつ)め、取材(しゅざい)()かけて台本(だいほん)作成(さくせい)し、番組(ばんぐみ)でリポートする。そして(かぎ)られた時間(じかん)(なか)で、どれだけ()かりやすく自分(じぶん)言葉(ことば)(つた)えられるのかがポイントだ。(つね)取材(しゅざい)対象(たいしょう)興味(きょうみ)()ち、テレビやラジオを()ている(ひと)共感(きょうかん)()られるような(した)しみやすさがある(ひと)でないと(つと)まらない。

これがポイント!

テレビ(きょく)やラジオ(きょく)芸能(げいのう)プロダクションに(はい)

リポーターになるには、(とく)資格(しかく)(もと)められない。大学(だいがく)短大(たんだい)、もしくはアナウンススクールのリポーター養成(ようせい)コースなどに(すす)み、テレビ(きょく)やラジオ(きょく)芸能(げいのう)プロダクションなどに(はい)って、リポーターになることが(おお)いようだ。しかし、オーディションを()けて合格(ごうかく)しないと仕事(しごと)がもらえないため、なかなか(きび)しい世界(せかい)でもある。(はな)すことが仕事(しごと)のため、(ただ)しい日本語(にほんご)使(つか)えること、自分(じぶん)(かんが)えやイメージを()かりやすく相手(あいて)(つた)えられることが大事(だいじ)になってくる。また、やると()めたらすぐに(うご)ける行動力(こうどうりょく)(ほか)のスタッフの(ひと)たちのチームワークを大切(たいせつ)にできる協調性(きょうちょうせい)機転(きてん)()かすことも(もと)められる。

将来(しょうらい)はこうなる

情報(じょうほう)整理(せいり)(ふか)知識(ちしき)業界(ぎょうかい)活躍(かつやく)するカギ

リポーターは普通(ふつう)芸能(げいのう)、スポーツ、グルメ、(たび)など自分(じぶん)得意(とくい)専門(せんもん)分野(ぶんや)()っている。その情報(じょうほう)をどれだけ(おお)く、どれだけ(ふか)()につけているかが、活躍(かつやく)できる(おお)きな()かれ()になる。今後(こんご)もたくさんの資料(しりょう)をきちんと整理(せいり)して、はば(ひろ)人脈(じんみゃく)()やしていくことは、リポーターの(つよ)みとなり(なが)活躍(かつやく)していけるカギとなるだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

一日(いちにち)あたりの収入(しゅうにゅう)は1(まん)5000(えん)から8(まん)(えん)くらい。経験(けいけん)がたくさんある(ほう)収入(しゅうにゅう)はアップする。

休暇(きゅうか)は?

()まっていない。(とく)()れっ()場合(ばあい)は、日々(ひび)各地(かくち)()(まわ)っている。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP