メニュー閉じる

イベントプロデューサー

イベントプロデューサー

イベントの全体的な方向性を決め、スタッフの人選や配置を行い、イベントが計画通りに進行するように管理、調整などを行うせきにん者。

こんな人にピッタリ!

物事に熱中しやすい人。人が好きな人。たくさんの人といっしょに物事に取り組むのが好きな人。

どんな仕事?

イベントがまとまりを持って進むよう全体的なしきをとる

てんじ会やセミナー、コンテスト、コンサートなどのさまざまなイベントを行うためのきかく会議にも関わり、せきにん者として、人の上に立って指図をするのが仕事だ。イベントが計画通りに進むようにスタッフ選びを行い、全体がまとまりを持って動くようにしきする。みりょく的な計画をたてる力、たくさんの情報を元に決断する力はもちろん、相手と話し合うための交しょう力などが求められる。自分一人の力だけではイベントは行えないため、多くのスタッフに自分の考えやイメージをわかりやすく伝えられることも必要だ。せきにんが大きいぶん、イベントが無事に成功したときに達成感はたまらない。

これがポイント!

社会学科やイベント関連のせんもんコースで学ぶ

大学、短大、せんもん学校などで社会学科やイベント関連のせんもんコースで学び、広告代理店、イベントきかく会社などの入るのがいっぱん的だ。しかし、入社後すぐにイベントプロデューサーになれるわけではない。イベントを行うためのノウハウを学ぶために、まずはいちスタッフとしてイベント運営に関わり、経験をつんでいこう。また、イベント関連の人材の育成を目的とした(社)日本イベント産業しん興協会が行っている「イベント検定」というしかくしけんもあるので、気になる人は調べてみよう。

将来はこうなる

ほかの業界との結びつきが強くなる

近年、イベントが観光サービス業界と深く関わっていることが増えている。たとえば、プロスポーツの大会では、選手団の交通機関を利用しての移動や宿の手配も行うことになる。しかも、単に手配するだけではなく、選手ができるだけつかれないように気を配るプランを考えることも求められるのだ。ほかの業界との結びつきが強くなるので、仕事がおおきくなり、はば広いちしき持つとも大切になっていくだろう。

データボックス

収入は?

月収は20万円から35万円くらい。

休暇は?

週休2日制。

職場は?

広告代理店、イベントきかく会社など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP