メニュー閉じる

イベントプロデューサー

イベントプロデューサー

イベントの全体的(ぜんたいてき)方向性(ほうこうせい)()め、スタッフの人選(じんせん)配置(はいち)(おこな)い、イベントが計画通(けいかくどお)りに進行(しんこう)するように管理(かんり)調整(ちょうせい)などを(おこな)責任者(せきにんしゃ)

こんな(ひと)にピッタリ!

物事(ものごと)熱中(ねっちゅう)しやすい(ひと)(ひと)()きな(ひと)。たくさんの(ひと)一緒(いっしょ)物事(ものごと)()()むのが()きな(ひと)

どんな仕事(しごと)

イベントがまとまりを()って(すす)むよう全体的(ぜんたいてき)指揮(しき)をとる

展示会(てんじかい)やセミナー、コンテスト、コンサートなどの様々(さまざま)なイベントを(おこな)うための企画(きかく)会議(かいぎ)にも(かか)わり、責任者(せきにんしゃ)として、(ひと)(うえ)()って指図(さしず)をするのが仕事(しごと)だ。イベントが計画通(けいかくどお)りに(すす)むようにスタッフ(えら)びを(おこな)い、全体(ぜんたい)がまとまりを()って(うご)くように指揮(しき)する。魅力(みりょく)(てき)計画(けいかく)()てる(ちから)、たくさんの情報(じょうほう)(もと)決断(けつだん)する(ちから)はもちろん、相手(あいて)(はな)()うための交渉(こうしょう)(りょく)などが(もと)められる。自分(じぶん)一人(ひとり)(ちから)だけではイベントは(おこな)えないため、(おお)くのスタッフに自分(じぶん)(かんが)えやイメージを()かりやすく(つた)えられることも必要(ひつよう)だ。責任(せきにん)(おお)きい(ぶん)、イベントが無事(ぶじ)成功(せいこう)した(とき)達成感(たっせいかん)はたまらない。

これがポイント!

社会(しゃかい)学科(がっか)やイベント関連(かんれん)専門(せんもん)コースで(まな)

大学(だいがく)短大(たんだい)専門(せんもん)学校(がっこう)などで社会(しゃかい)学科(がっか)やイベント関連(かんれん)専門(せんもん)コースで(まな)び、広告(こうこく)代理店(だいりてん)、イベント企画(きかく)会社(がいしゃ)などに(はい)るのが一般(いっぱん)(てき)だ。しかし、入社(にゅうしゃ)()すぐにイベントプロデューサーになれるわけではない。イベントを(おこな)うためのノウハウを(まな)ぶために、まずは(いち)スタッフとしてイベント運営(うんえい)(かか)わり、経験(けいけん)()んでいこう。また、イベント関連(かんれん)人材(じんざい)育成(いくせい)目的(もくてき)とした一般社団法人(いっぱんしゃだんほうじん)日本(にほん)イベント産業(さんぎょう)振興(しんこう)協会(きょうかい)(おこな)っている「イベント検定(けんてい)」という資格(しかく)試験(しけん)もあるので、()になる(ひと)調(しら)べてみよう。

将来(しょうらい)はこうなる

(ほか)業界(ぎょうかい)との(むす)びつきが(つよ)くなる

近年(きんねん)、イベントが観光(かんこう)サービス(ぎょう)(かい)(ふか)(かか)わっていることが()えている。(たと)えば、プロスポーツの大会(たいかい)では、選手(せんしゅ)(だん)交通(こうつう)機関(きかん)利用(りよう)しての移動(いどう)宿(やど)手配(てはい)(おこな)うことになる。しかも、(たん)手配(てはい)するだけではなく、選手(せんしゅ)ができるだけつかれないように()(くば)るプランを(かんが)えることも(もと)められるのだ。ほかの業界(ぎょうかい)との(むす)びつきが(つよ)くなるので、仕事(しごと)(おお)きくなり、はば(ひろ)知識(ちしき)()つのも大切(たいせつ)になっていくだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

月収(げっしゅう)は20~35(まん)(えん)くらい。

休暇(きゅうか)は?

週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)(せい)

職場(しょくば)は?

広告(こうこく)代理店(だいりてん)、イベント企画会社(きかくがいしゃ)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

実際に働いているイベントプロデューサーの仕事を見てみよう!

PAGETOP