メニュー閉じる

ゲームサウンドクリエイター

ゲームサウンドクリエイター

バリエーション(ゆた)かにゲームの音楽(おんがく)効果音(こうかおん)などを(つく)る。

こんな(ひと)にピッタリ!

ゲームが()きな(ひと)。いろいろなジャンルの音楽(おんがく)()くのが()きな(ひと)。たくさんの(ひと)一緒(いっしょ)物事(ものごと)()()むのが()きな(ひと)

どんな仕事(しごと)

ゲームを(あそ)(ひと)を“(おと)”で()()げる!

ゲームソフトの音楽(おんがく)効果音(こうかおん)などを(つく)るのが、ゲームサウンドクリエイターの仕事(しごと)だ。音楽(おんがく)のコンセプトを()めるプロデューサーや、スケジュールの管理(かんり)品質(ひんしつ)管理(かんり)をするディレクターの(もと)で、ゲームのイメージに()った(おと)(づく)りを(すす)める。キャラクターのセリフの編集(へんしゅう)もサウンドクリエイターが(おこな)うのだ。作曲(さっきょく)から()ちこみ(データ作成(さくせい))まで、(すべ)一人(ひとり)(おこな)わなければならないため、高度(こうど)音楽(おんがく)(てき)能力(のうりょく)はもちろん、パソコンの作曲(さっきょく)ソフトも使(つか)えなくてはならない。膨大(ぼうだい)なサウンドを短期間(たんきかん)(つく)ることは気力(きりょく)体力(たいりょく)ともに大変(たいへん)だが、ゲーム(づく)りはチームワークなので、完成(かんせい)した(とき)のうれしさは格別(かくべつ)だ。

これがポイント!

作曲(さっきょく)必要(ひつよう)知識(ちしき)(まな)び、アイデアの()()しを(つく)っておく

ゲームサウンドクリエイターになるには、学歴(がくれき)資格(しかく)()われない。ピアノなどの楽器(がっき)経験者(けいけんしゃ)(おお)いが、クラシックを(おも)(まな)音楽(おんがく)大学(だいがく)出身者(しゅっしんしゃ)はそれほど(おお)くない。なぜならば、色々(いろいろ)なジャンルの音楽(おんがく)上手(うま)自分(じぶん)のものにできる(ひと)()いているからだ。また、デジタル音楽(おんがく)知識(ちしき)技術(ぎじゅつ)(もと)められるため、ゲーム()()音楽(おんがく)機能(きのう)(かん)する知識(ちしき)、パソコン(じょう)作曲(さっきょく)するためのパソコンの知識(ちしき)()かせない。そのような音楽(おんがく)制作(せいさく)(まな)べる専門(せんもん)学校(がっこう)などに()き、アイデアの()()しをたくさん(つく)っておくのが()いだろう。

将来(しょうらい)はこうなる

はば(ひろ)音楽(おんがく)業界(ぎょうかい)活躍(かつやく)する

ゲームサウンドは1(まい)のCDにまとめられ、サウンドトラックとして発売(はつばい)されることが(おお)い。そのため、自分(じぶん)担当(たんとう)したゲームがヒットすれば、その音楽(おんがく)注目(ちゅうもく)され、ミュージシャンとして注目(ちゅうもく)される可能性(かのうせい)十分(じゅうぶん)にある。アニメ、時代劇(じだいげき)、SFなど、色々(いろいろ)なタイプの音楽(おんがく)(つく)ることで、作曲(さっきょく)能力(のうりょく)(きた)えられ、アレンジ能力(のうりょく)()につけば、ゲーム世界(せかい)だけではなく、はば(ひろ)音楽(おんがく)業界(ぎょうかい)活躍(かつやく)できるだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

大手(おおて)ゲーム会社(がいしゃ)場合(ばあい)大卒(だいそつ)月収(げっしゅう)は20(まん)(えん)くらいから。実力(じつりょく)(おう)じて、さらにもらえることもある。たずさわった作品(さくひん)()()きによっても評価(ひょうか)される。

休暇(きゅうか)は?

週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)会社(かいしゃ)規定(きてい)(したが)って(やす)みは()れるが、しめ()りがせまれば仕事(しごと)()ることも(おお)くなる。

職場(しょくば)は?

ゲーム会社(がいしゃ)音楽(おんがく)制作(せいさく)会社(がいしゃ)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP