メニュー閉じる

プロ棋士(きし)

プロ棋士(きし)

将棋(しょうぎ)のプロを(そだ)てる「奨励会(しょうれいかい)」の四段(よだん)以上(いじょう)棋士(きし)で、将棋(しょうぎ)()すことが(おも)仕事(しごと)名人(めいじん)(せん)竜王(りゅうおう)(せん)王将(おうしょう)(せん)といった、タイトル(せん)対局(たいきょく)中心(ちゅうしん)活動(かつどう)する。

こんな(ひと)にピッタリ!

几帳面(きちょうめん)である。物事(ものごと)熱中(ねっちゅう)しやすい。

どんな仕事(しごと)

(おお)きなタイトル(せん)などで将棋(しょうぎ)()

名人(めいじん)(せん)竜王(りゅうおう)(せん)王将(おうしょう)(せん)といったタイトル(せん)などで、将棋(しょうぎ)()すのが仕事(しごと)だ。タイトル(せん)は、()時間(じかん)対局(たいきょく)する相手(あいて)()わせて16時間(じかん)以上(いじょう)のものもあるため、二日(ふつか)がかりで(おこな)われる。つまり、どんどん()(すす)むにつれて、(つよ)さだけではなく、それなりに体力(たいりょく)必要(ひつよう)になってくるのだ。また、対局(たいきょく)のない()は、棋士(きし)仲間(なかま)将棋(しょうぎ)研究(けんきゅう)をする研究(けんきゅう)(かい)(ひら)いたりする。ほかにも将棋(しょうぎ)教室(きょうしつ)などで(おし)えたり、イベントや講演会(こうえんかい)参加(さんか)したり、(ほん)()いて、将棋(しょうぎ)面白(おもしろ)さを(おお)くの(ひと)(つた)えたりすることも大切(たいせつ)仕事(しごと)だ。(なか)には自分(じぶん)将棋(しょうぎ)道場(どうじょう)(ひら)き、後進(こうしん)指導(しどう)(おも)(おこな)うプロ棋士(きし)もいる。

これがポイント!

プロ棋士(きし)養成(ようせい)する奨励会(しょうれいかい)入会(にゅうかい)して、プロになる

プロ棋士(きし)になるには、まずは()どものころから近所(きんじょ)将棋(しょうぎ)道場(どうじょう)(かよ)い、将棋(しょうぎ)のうでをみがこう。奨励会(しょうれいかい)への入会(にゅうかい)試験(しけん)受験(じゅけん)条件(じょうけん)は、(まん)19(さい)以下(いか)で、四段(よだん)以上(いじょう)のプロ棋士(きし)から推薦(すいせん)があること。ただし、(まん)15(さい)以下(いか)で、(しょう)中学生(ちゅうがくせい)日本(にほん)将棋(しょうぎ)連盟(れんめい)主催(しゅさい)全国大会(ぜんこくたいかい)ベスト4に(はい)るなどの条件(じょうけん)()たしていれば、推薦(すいせん)がなくても受験(じゅけん)できる。そこをクリアし、入会(にゅうかい)試験(しけん)()けて無事(ぶじ)入会(にゅうかい)できれば、奨励会(しょうれいかい)会員(かいいん)だ。その(あと)会員(かいいん)同士(どうし)対局(たいきょく)(おこな)い、()まった成績(せいせき)(おさ)めると、級位(きゅうい)段位(だんい)()がり、四段(よだん)(=プロ)を目指(めざ)すのだ。四段(よだん)手前(てまえ)三段(さんだん)については、30(めい)でのリーグ(せん)(ねん)に2()(おこな)われ、半年(はんとし)二人(ふたり)、1(ねん)で4(にん)しかプロになることができない。奨励会(しょうれいかい)には原則(げんそく)26(さい)までしかいられないルールもあり、かなりせまき(もん)()えるだろう。ちなみに、有名(ゆうめい)羽生(はぶ)善治(よしはる)さんは、15(さい)でプロ棋士(きし)になっている。

アマチュア棋士(きし)として活躍(かつやく)し、プロ編入(へんにゅう)試験(しけん)()ける

かなり(むずか)しいが、奨励会(しょうれいかい)(はい)らずにプロになる方法(ほうほう)もある。アマチュア棋士(きし)として経験(けいけん)()み、棋戦(きせん)()(つづ)けると、公式戦(こうしきせん)でプロ棋士(きし)対戦(たいせん)する機会(きかい)()られる。そこで10(しょう)以上(いじょう)勝率(しょうりつ)が6(わり)()以上(いじょう)であれば、プロ編入(へんにゅう)試験(しけん)()けることが可能(かのう)になるのだ。そしてプロ棋士(きし)と5(きょく)対局(たいきょく)し、3(しょう)以上(いじょう)できれば、プロ棋士(きし)になることができる。瀬川晶司(せがわしょうじ)さんはこの制度(せいど)でプロになった。ほかにもアマチュア棋士(きし)として、アマチュアの有名(ゆうめい)棋戦(きせん)優勝(ゆうしょう)し、プロ棋士(きし)推薦(すいせん)()けて、「奨励会(しょうれいかい)三段(さんだん)編入(へんにゅう)試験(しけん)」を受験(じゅけん)する方法(ほうほう)もある。こちらの方法(ほうほう)もかなり(むずか)しいと()われている。

将来(しょうらい)はこうなる

(ひと)(たい)(ひと)将棋(しょうぎ)はコンピュータ対戦(たいせん)よりも面白(おもしろ)

コンピュータの発展(はってん)によって、日本(にほん)将棋(しょうぎ)連盟(れんめい)は、プロ棋士(きし)公式(こうしき)()でのコンピュータとの対戦(たいせん)制限(せいげん)している。将来的(しょうらいてき)将棋(しょうぎ)名人(めいじん)がコンピュータに()けてしまうだろうと()われているからだ。しかし、将棋(しょうぎ)(おも)いがけない発想(はっそう)やドラマチックな逆転劇(ぎゃくてんげき)があるからこそ、面白(おもしろ)い。コンピュータとの対戦(たいせん)では、そういった(ひと)共感(きょうかん)()将棋(しょうぎ)()せないのだ。これからも(ひと)(たい)(ひと)対局(たいきょく)(たの)しむファンは()らないだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

対局(たいきょく)をして、(つよ)ければ(つよ)いほど収入(しゅうにゅう)()える。月収(げっしゅう)名人(めいじん)(やく)106(まん)(えん)。Aクラスは(やく)65(まん)(えん)、B1クラスは(やく)50(まん)(えん)、B2クラスは(やく)33(まん)(えん)と、所属(しょぞく)するランクによって()められる。()たり(まえ)だが、上位(じょうい)ほど高給(こうきゅう)になる。

休暇(きゅうか)は?

対局(たいきょく)平日(へいじつ)(おお)いため、その合間(あいま)土日(どにち)(やす)みを()る。人気(にんき)のプロ棋士(きし)となれば、土日(どにち)はイベントや講演会(こうえんかい)などの普及(ふきゅう)活動(かつどう)参加(さんか)することになる。

職場(しょくば)は?

将棋(しょうぎ)会館(かいかん)、イベント会場(かいじょう)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP