メニュー閉じる

大道芸人

主に路上や公園、イベント会場、テーマパーク内などで独自の芸を見せて、観客もしくはイベント主さい者から現金収入を得る。「ストリート・パフォーマー」とも呼ばれている。

こんな人にピッタリ!

自分からすすんでやるタイプ。人を楽しませるのが好き。感動しやすい人。

どんな仕事?

特別な芸を見せてお客さんを楽しませる

バルーンアート、クラウン(ピエロ)、ジャグリング、パントマイムなどの特別な芸を路上や公園、イベント会場などで行い、お客さんを楽しませて投げせん(現金)で収入を得るのが大道芸人だ。きほん的に大道芸人は大きな道具は使用せず、年れいや性別を問わず、多くのお客さんに感動と笑いをあたえるような芸をひろうする。「おもしろかった。ありがとう!」と、お金をはらいたくなるような人をひきつける芸を見せられなければ、大道芸人はつとまらない。

これがポイント!

大道芸クラブや大道芸せんもんの教室、通信講座などで学ぶ

大道芸人になるには、学歴や経験は問われない。日本には大道芸人を養成する学校はないため、高校や大学の大道芸クラブ、ジャグリングクラブに入るか、大道芸せんもんの教室や通信講座で学ぶなどして芸を身につける。その後、修業を重ねながら大道芸のぶたいをふんでいく。みりょく的な芸を見せるためには、多くの経験が必要とされるからだ。素人がエントリーできる大道芸大会にどんどん出場するといいだろう。才能がみとめられた大道芸人は、海外のイベント(フェスティバル)に参加できることも!

ライセンスを取って大道芸をする

アメリカなどとちがい、日本ではまち角などで許可なく道芸を行うことを禁止している自治体が多いため、ライセンスを取得して、指定された地域で活動することが多いようだ。東京都には、都が行うしんさ会に合格した大道芸人に公共しせつや民間しせつなどを活動場所として開放し、都民が気軽に芸術文化にふれる機会をていきょうする「ヘブンアーティスト」というシステムがある。東京はお客さんがたくさん集まるため、都内で活動する大道芸人は多い。

将来はこうなる

大道芸人のレベルが向上

公園や建物前の広場で芸をひろうできる「ヘブンアーティスト」があるのは、世界でも東京都だけ。このシステムができたおかげで、横浜のみなとみらい地区では、一年中大道芸人が活動できるようになるなど(許可証が必要)、日本各地で少しずつ日じょう的に大道芸人がいる町がうまれている。それにともない、お客さんの目はどんどんこえてきている。つまり、昔ながらの芸では通用しなくなっているのだ。それは世界的にも言えることで、内容的にもクオリティ的にも、大道芸人のレベルはどんどん向上していくことになるだろう。

データボックス

収入は?

大道芸人の知名度、集客数によって収入は変わってくるため、月収はまちまちだ。真剣にやれば、投げせんも結構入り、イベントの出えん料も入るため、収入が安定する。イベントに呼ばれた場合、出えん料は20〜30分の2ステージ行って5万円くらいからだ。

休暇は?

お客さんが集まりやすい土日は働くため、平日に取ることが多い。

職場は?

路上や公園、イベント会場など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP