メニュー閉じる

プレス

プレスはファッション雑誌(ざっし)などで目にする仕事。洋服メーカーのせんでん広報(こうほう)たんとうのことで、マスコミ関係者に自社の商品をしょうかいする。

こんな人にピッタリ!

人とせっすることが好きな人。流行にびんかんな人。人を喜ばせることが好きな人。

どんな仕事?

自社商品を売りこむマスコミとのパイプ役

アタッシェ・ドゥ・プレスとよばれている職業にあたることから、りゃくして「プレス」とよばれている。洋服メーカーの商品やきぎょうイメージをしょうかいする、せんでん広報(こうほう)たんとう者だ。スタイリストからいらいの電話が入ると、テレビ番組や雑誌さつえいのテーマに合った服を考え、かし出しやへんきゃくに立ち合う。

また、マスコミ取材のたいおう、サイト運えいやPR誌(ピーアールし)の作成、ファッションショーの案内状(あんないじょう)やチケットのゆう送などもプレスの役目だ。ファッション業界では、さまざまなメディアに対して、インパクトのあるせんでん活動を行うことが大切になってくる。テレビや雑誌、イベントなどであこがれのげいのう人が身につけていた服は、消費者に注目され、買いたい気持ちにつながるからだ。

また、プレス自身がメーカー・ブランドの顔となり、ファッションセンスがもとめられることもある。あらゆる仕事にマメな対応ができ、的確なじょうほうを集める力やはば広い人脈、経験や知恵(ちえ)、人間性などが問われる仕事と言える。

これがポイント!

大学・短大でマーケティングの勉強をしたり、服飾(ふくしょく)のせんもん学校で学ぶ

プレスになるには、大学・短大でマーケティングやメディアの勉強や研究をしたり、服飾(ふくしょく)のせんもん学校でファッションビジネスやデザイン、コーディネートなどの知しきを身につけると有利だ。

自分の好きな洋服メーカーのプレスぼしゅうがないか、まめにチェックしておこう。しかし、新卒をさい用していないことも多いため、まずはプレス以外の仕事で入社して、根気よくはいぞくのきぼうを出しておく。そして才能(さいのう)やセンスをみとめられれば、プレス担当(たんとう)になることができる。

プレスという仕事は、とにかく人とかかわるのが好きな人に向いている。いろいろな人とやりとりする力に長(た)けた人や、相手にいかに喜んでもらえるかを考え、マメに行動にうつせる人物がもとめられている。

将来はこうなる

日本の洋服メーカーのブランドが海外でも注目される

どんどんグローバル社会化が進んでいると言われているファッションぎょうかいでは、プレスが海外のメディアのたいおうをすることもある。日本のブランドが海外で人気になることもめずらしくないからだ。そのため、プレスに語学力をもとめている洋服ブランドもある。様々な人とのコミュニケーションが必要なプレスにとっては、英語やフランス語などの語学力があると、活やくするチャンスはぐっと広がるだろう。

データボックス

収入は?

最初は年収250万円くらいから。経験をつむことで、年収500万円くらいものぞめる。

休暇は?

週休2日制、もしくは月に8~9日くらい。仕事内容がはば広いため、休むひまがないほどいそがしいこともある。

職場は?

洋服(アパレル)メーカー

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP