メニュー閉じる

テレビカメラマン

テレビカメラマン

テレビで放送されるさまざまな映像(えいぞう)をテレビカメラで撮影(さつえい)する。活やくの場はテレビだけにかぎらない。

こんな人にピッタリ!

自分の目でたしかめたいという、好奇心(こうきしん)が強い人。撮影にはチームワークが必要なので、ほかの人としっかり話し合いができることも大切。また、作業時間が長くなることが多いので、体力も必要だ。

どんな仕事?

番組に合った映像を撮影する

ニュースやお笑いバラエティー、音楽やドラマなど、さまざまなテレビ番組の映像を撮影するのがテレビカメラマンの仕事だ。たとえばニュース番組では、事件(じけん)を伝えるアナウンサーをスタジオのカメラで撮影し、事件が起きた場所のようすを、かたにかつぐハンディーカメラで撮影する。それらの映像は、ほかの番組スタッフと話し合ったテレビカメラマンが、番組で伝えたいことがわかりやすい映像になるように撮影したものだ。それは、音楽番組やドラマの映像を撮影するときも同じ。テレビをみる人にわかりやすく、また印象に残る映像を撮影する。それがテレビカメラマンの実力の見せ所だ。

これがポイント!

テレビ局の社員か、制作(せいさく)プロダクションか?

テレビ番組は、テレビ局の社員だけで作っているのではない。多くの番組は、テレビ局から仕事をまかされた別の会社である制作プロダクションによって作られている。そこで、テレビカメラマンになるには、テレビ局の社員になるか、制作プロダクションの社員になるか、ふたつの道がある。どちらの場合も、高度な電子機器であるテレビカメラをあつかう仕事なので「大学の工学部や専門学校」の出身の人が多い。また、どこの社員になっても、初めは先ぱいを手伝うアシスタントの仕事をするので、一人前になるには長い年数がかかる。

将来はこうなる

映像メディアがふえて活やくの場もふえる

日本全国には、地上波のテレビ局だけで130局以上もある。それに加えて、衛星(えいせい)放送やケーブルテレビ、インターネットなど、人々が映像を楽しむメディアがふえている。そこに流れる映像の撮影にはテレビカメラマンが欠かせないし、ミュージックビデオなどの映像ソフトの制作にもテレビ(ビデオ)カメラマンは必要だ。そのため、テレビカメラマンが活やくする場はどんどんふえていると言える。また、カメラ機材の重さもかるくなり、力の弱い女の人でもテレビカメラをあつかいやすくなった。映像はセンスが大切なので、女の人ならではの映像感覚をいかした活やくも期待されている。

データボックス

収入は?

会社によってちがうが、あるテレビ局の平成26年度の初めての給料は、24万5,500円。ある制作プロダクションの給料は22万円〜26万円。

休暇は?

担当(たんとう)する番組によってちがう。いそがしいときは、定期的な休みをとれないこともある。

職場は?

仕事をする番組によってちがう。バラエティー番組やドラマはテレビ局のスタジオや撮影所が多い。ニュースやドキュメンタリー番組では取材で外国へ行くこともある。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP