メニュー閉じる

ツアープランナー

旅行会社や駅などであつかっている、わくわくするようなツアー旅行を考える。

こんな人にピッタリ!

自分からすすんでやる人。好奇心がおうせいな人。目標に向かってつきすすむ人。

どんな仕事?

みんなが楽しい思い出をつくれるツアー旅行を考える

家族むけ、お年よりむけなど、利用する人をイメージして、心から楽しんでもらえるようなツアーを作るのが仕事だ。旅行は季節や場所によって、楽しみ方もさまざま。ツアープランナーは、ツアーのアイデアをねると、現地(げんち)に行って旅館に交しょうする。たとえば、料理が売り物のプランだったら、じっさいに料理を試食したり、1日何けんも旅館をまわって、女将(おかみ)さんや社長さんとサービスについて話し合う。そして、客室やおふろなどもチェックする。ツアーの中にくだものがりがふくまれていたら、農家の人にも交しょうするなど、たくさんの人に協力してもらいながら1つのツアーを作り上げていく。

ツアーのみりょくを伝えるパンフレットを作る

イメージどおりのツアーができたら、交通費や旅館の費用を計算して、ツアーの価格(かかく)を決めたり、ツアーに行きたいと思ってもらえるようなパンフレットもつくる。自分の作ったツアーにたくさんのお客さんが集まり、満足のいく旅を楽しんでもらうことが、大きなやりがいになる。また、新しいツアーのきかくを実現(じつげん)するためには、旅館やその土地の観光などの仕事をしている人たちの協力が必要だ。人とのしんらい関係や協力関係がないと、つとまらない仕事だといえる。

これがポイント!

旅行会社、バス会社、鉄道会社などにつとめる

旅行会社の社員になり、事業部やきかく部に配ぞくされている人が多い。国内ばかりではなく、旅行会社の海外にある支店(してん)や営業所(えいぎょうしょ)などで、その地いきのじょうほうを集めてツアーのプランをつくる、ツアープランナーもいる。また、バス会社や鉄道会社でも、自社の乗り物を使ったツアーを考えるツアープランナーが活やくしている。これからの旅行業界は国内だけではなく、海外へも活やくの場が広がる仕事なので、語学力を身につけることも大切だ。

大学やせんもん学校で旅に関する知識を深める

大学の国さい学部(学科)や観光学部(学科)などで、世界の文化をはば広く学ぶのもいい。旅行業界やツアープランナーをめざすためのせんもん学校もある。ちなみに、ツアープランナーになるためにもっていなければならない資格(しかく)はない。しかし、ツアープランナーが作ったツアー旅行を売るためには、その会社や営業所(えいぎょうしょ)には一人以上、「総合旅行業務取扱管理者(そうごうりょこうぎょうむとりあつかいかんりしゃ)」(日本旅行業協会)もしくは「国内旅行業務取扱管理者(こくないりょこうぎょうむとりあつかいかんりしゃ)」(全国旅行業協会)という国家資格をもっている人がいなければならない。そのため、旅行業界をめざしている人がとると有利な資格だ。

将来はこうなる

人とはちがったアイデアがひらめく能力がもとめられる

旅をするためには、宿(やど)の予約から、電車や飛行機などの乗り物のルートを決めたり、出発時こくを調べたりと、さまざまなじゅんびが必要になる。また、旅先で観光地をたずねたり、おいしい料理を味わったりするために、その土地の知識(ちしき)があることも大切だ。ツアープランナーは、そんな旅の計画をじゅんびするのが仕事。しかし、旅なれた人がふえ、旅のプランにもいろいろな特色がもとめられる時代になっている。つまり、人とはちがったひらめきやアイデアをもとに、オリジナリティあふれる旅行プランを考える能力(のうりょく)がもとめられてくるだろう。もちろん、お年よりや車いすの人もふくめ、だれもが安心してさんかできるツアープランを実現(じつげん)させるのも大切な役目だ。

データボックス

収入は?

年収は平均817万円くらい。

休暇は?

週休2日。小さな旅行会社では、ツアーの予約やはんばいの仕事も行っていることも多い。その場合、シフトで月6日以上、ということもあるようだ。

職場は?

旅行会社、バス会社、鉄道会社など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

未来の仕事カテゴリ

注目の未来の仕事
ランキング

PAGETOP