メニュー閉じる

通訳ガイド

日本をおとずれた外国人の観光客が、楽しく旅行できるようにサポートする。日本のイメージは通訳(つうやく)ガイド次第のところが多いため、民間外交官とも言われている。

こんな人にピッタリ!

人のめんどうをみるのが好きな人。自分から進んでやる人。せきにん感のある人。

どんな仕事?

外国人観光客の旅行のめんどうをみる

外国人観光客を日本の観光地へ案内しながら、外国語を使って日本の文化や伝統(でんとう)、生活習かんなどをしょうかいするのが仕事だ。それだけではなく、旅行スケジュールの管理、ホテルや旅館の確認、買い物のアドバイスなども行う。旅行では、道路がこんで飛行機の時間に間に合わなかったり、迷子、わすれ物、病人が出るといったハプニングがつきもの。通訳ガイドはどんなときにもあわてずに、対応(たいおう)する能力がもとめられる。外国人観光客に、日本で楽しい思い出を作ってもらうための、気配りやサービス精神(せいしん)も必要だ。いろいろなところに行くことができて、世界中の人と知り合いになることができる。

これがポイント!

通訳案内士の国家試験に合格する

日本では、外国人につきそって外国語で旅行案内し、お金をかせぐには、通訳案内士という国家資格が必要と法りつで定められている。そのため、年に1度行われる通訳案内士の試験に合格しなければならない。受験するのに年れい、性別、学歴は問われないが、合格率は10~20%と高くはない。試験合格のためには、語学力とともに、日本の地理や歴史、政治(せいじ)、産業(さんぎょう)、けいざいおよび文化といった、はば広い知識がもとめられるからだ。合格後は、通訳ガイド団体(日本観光通訳協会など)に入り、仕事をしょうかいしてもらうほか、旅行会社に自分を売りこみ、仕事を受けることになる。

将来はこうなる

外国人観光客がふえるとともにもとめられる仕事

近年、日本をおとずれる外国人観光客の数は、右かた上がりにふえている。けいざい力を上げている中国からの観光客がふえたり、日本文化や和食文化などが、アメリカやヨーロッパの人たちをひきつけているからだ。それにともない、通訳案内士試験の合格率が年々アップしている。通訳ガイドの数をふやして、外国人観光客数がふえているのにこたえるためだ。通訳ガイドはこれからの日本の旅行業に、かかせないそんざいと言えるだろう。

データボックス

収入は?

通訳ガイドの多くは、フリーで働いているため、働く日数によって年収は大きく変わってくる。専業の場合は年収は300万円くらい。日当は3万円前後である。

休暇は?

外国人観光客といっしょに日本各地をまわるため、旅行中は24時間働くことになる。長いときは半月以上家に帰らないことも。

職場は?

日本各地。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP