メニュー閉じる

国際公務員

国際公務員

国連やその関連機関に勤務する国際公務員。世界の平和と繁栄に貢献したいというきみはぜひトライしてみよう

こんな人にピッタリ!

英語かフランス語を使えることが絶対条件。論理的に物事を考え、感情的にならずに議論ができる人。他国の文化や考えを尊重できることも必要だ。

どんな仕事?

大学院卒業程度の専門知識が必要とされる

国際公務員は、国連の専門機関や世界各地の事務局などで働く。専門職員は専門知識や経験を生かして、開発途上国への技術支援、教育の普及といったプロジェクトの作成や管理を行う。一般職員は、秘書、経理・統計など、主に事務を担当し、専門職をサポートする。専門職は大学院修士課程卒業レベル、一般職は大学卒業レベルの専門知識が必要で、どちらも英語かフランス語を使って、仕事に携わることになる。

これがポイント!

採用方法はさまざま

国際公務員になる方法は、(1)空席公告への応募(2)アソシエート・エキスパート制度への応募(3)国連職員採用競争試験などがある。この中でも、(2)のアソシエート・エキスパート制度は、外務省が毎年行っている国際機関への派遣制度で、2年間の実地研修を兼ねて、国際機関に勤務できる。任期終了後、国際機関の正規職員として採用される人も多いのでおすすめだ。

学部選びに注意

アソシエート・エキスパート試験を受験するには、大学院修士課程を修了していて、ある程度の職務経験がなければならない。ただし、文学、語学、芸術、体育しか専攻していない場合は、採用されないので要注意。ここでも英語かフランス語は必須となっている。

将来はこうなる

日本人への期待がますます高まっている

現在、国際公務員全体における日本人の割合は、国連が示している望ましい日本人職員数をかなり下回っている。そのため、国連でも日本政府でも、積極的に日本人を採用しようと考えており、その意味でもチャンスはますます広がっていくはずだ。

データボックス

収入は?

基本給は配偶者または子供のいる人と単身者とにわけて設定されている。そのほか、勤務する地域によって地域調整給が支給される。扶養手当、教育補助金、住宅補助金などの支給もある。男女の差はまったくなく、能力に応じて昇進、昇給される。

休暇は?

年齢やポストにかかわらず年間30日の有給休暇が取れる。本国外で勤務する職員は、2年に一度、家族と共に本国を訪問できる帰国休暇制度もある。

職場は?

国際連合や国連総会によって設立された国連の下部機関、世界保健機関(WHO)などの専門機関、国際原子力機関(IAEA)などのその他の国際機関

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP