メニュー閉じる

司法書士

司法書士

土地(とち)売買(ばいばい)会社(かいしゃ)設立(せつりつ)などで必要(ひつよう)となる法律上 (ほうりつじょう)手続(てつづ)きを市民(しみん)()わって(おこな)う「(まち)法律家(ほうりつか)」。複雑(ふくざつ)法律(ほうりつ)相談(そうだん)(おう)じる市民(しみん)味方(みかた)

こんな(ひと)にピッタリ!

几帳面(ちょうめん)注意力(ちゅういりょく)抜群(ばつぐん)、しかも人付(ひとづ)()いが上手(じょうず)(ひと)。また、相手(あいて)立場(たちば)()って物事(ものごと)(かんが)えられる(やさ)しさも(もと)められる。(あたら)しい法律(ほうりつ)法律(ほうりつ)改正(かいせい)にも敏感(びんかん)で、(つね)勉強(べんきょう)()かさない(ひと)

どんな仕事(しごと)

登記(とうき)供託(きょうたく)手続(てつづ)きを代行(だいこう)し、訴訟(そしょう)(かん)する書類(しょるい)作成(さくせい)

個人(こじん)会社(かいしゃ)()わって、不動産(ふどうさん)商業(しょうぎょう)登記(とうき)供託(きょうたく)法令(ほうれい)(したが)って財産(ざいさん)(あず)けること)の手続(てつづ)きを(おこな)い、裁判所(さいばんしょ)法務局(ほうむきょく)などに提出(ていしゅつ)する書類(しょるい)作成(さくせい)する。また、依頼主(いらいぬし)(たい)して財産(ざいさん)訴訟(そしょう)(かん)する「相談(そうだん)(やく)」を()()けることもある。資格(しかく)取得後(しゅとくご)は、(1)企業(きぎょう)法務(ほうむ)関係(かんけい)部署(ぶしょ)活躍(かつやく)する、(2)行政書士(ぎょうせいしょし)事務所(じむしょ)実務(じつむ)経験(けいけん)()んでから独立(どくりつ)開業(かいぎょう)する、という2つの(みち)用意(ようい)されている。気配(きくば)りと注意力(ちゅういりょく)要求(ようきゅう)される仕事(しごと)だが、それに(おう)じた収入(しゅうにゅう)()られる。

これがポイント!

試験(しけん)合格(ごうかく)(ちょう)難関(なんかん)

司法書士(しほうしょし)になるには司法書士(しほうしょし)試験(しけん)合格(ごうかく)しなくてはならない。受験(じゅけん)資格(しかく)には(なん)制限(せいげん)もないが、国家(こっか)試験(しけん)合格率(ごうかくりつ)はわずか2~3%。(したが)って、大学(だいがく)法学部(ほうがくぶ)(すす)み、並行(へいこう)して資格(しかく)取得(しゅとく)専門(せんもん)学校(がっこう)(がよ)いをするといった対応(たいおう)をしている(ひと)(おお)い。合格後(ごうかくご)はまず、司法書士(しほうしょし)事務所(じむしょ)(せき)()経験(けいけん)()むというケースが大半(たいはん)だ。

将来(しょうらい)はこうなる

2003(ねん)司法書士(しほうしょし)法改正(ほうかいせい)により、請求額(せいきゅうがく)が140(まん)(えん)以下(いか)簡易(かんい)裁判所(さいばんしょ)での訴訟(そしょう)(かぎ)り、法廷(ほうてい)弁論(べんろん)したり、示談(じだん)交渉(こうしょう)(おこな)えるようになった。このことにより、仕事(しごと)(はば)はさらに(ひろ)がり、今後(こんご)市民(しみん)にとっての(たよ)りになる法律(ほうりつ)専門家(せんもんか)として必要(ひつよう)とされるだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

企業(きぎょう)(つと)めている場合(ばあい)は、その会社(かいしゃ)によってまちまちだが、需要(じゅよう)(おお)首都圏(しゅとけん)開業(かいぎょう)した場合(ばあい)は、1000(まん)(えん)()える平均(へいきん)収入(しゅうにゅう)()にすることができる。

休暇(きゅうか)は?

独立(どくりつ)開業(かいぎょう)すれば自由(じゆう)(やす)みを()ることができるが、裁判所(さいばんしょ)などとの関係(かんけい)から土日(どにち)祝日(しゅくじつ)休業日(きゅうぎょうび)としているケースがほとんど。勤務(きんむ)時間(じかん)通常(つうじょう)午前(ごぜん)9()午後(ごご)5()不動産(ふどうさん)(うご)きが(さか)んな(とき)は、残業(ざんぎょう)(つづ)くこともある。

職場(しょくば)は?

一般(いっぱん)企業(きぎょう)法務(ほうむ)部門(ぶもん)個人(こじん)事務所(じむしょ)など。独立(どくりつ)することも()

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP