メニュー閉じる

社会保険労務士

社会保険労務士

雇用(こよう)スタイルの変化(へんか)個人(こじん)からの相談(そうだん)などで、これからさらなる活躍(かつやく)期待(きたい)される社会(しゃかい)保険(ほけん)労務(ろうむ)のスペシャリスト。

こんな(ひと)にピッタリ!

法律(ほうりつ)(つよ)関心(かんしん)があり、(ひと)(せっ)するのが()きな(ひと)仕事(しごと)性質上(せいしつじょう)几帳面(きちょうめん)誠実(せいじつ)(ひと)()いている。労務(ろうむ)社会(しゃかい)保険(ほけん)関係(かんけい)法律(ほうりつ)改正(かいせい)にも素早(すばや)くついていき、的確(てきかく)理解(りかい)できる(ちから)必要(ひつよう)

どんな仕事(しごと)

書類(しょるい)作成(さくせい)手続(てつづ)代行(だいこう)からコンサルティングまで

社会(しゃかい)保険(ほけん)加入(かにゅう)給付(きゅうふ)などの書類(しょるい)作成(さくせい)手続(てつづ)きの代行(だいこう)人事(じんじ)労働(ろうどう)管理(かんり)(かん)するコンサルティングが(おも)仕事(しごと)内容(ないよう)だ。独立(どくりつ)しても、事務所(じむしょ)(かま)えずに自宅(じたく)気軽(きがる)開業(かいぎょう)できるのがこの職業(しょくぎょう)魅力(みりょく)(ひと)つだが、会社(かいしゃ)関連(かんれん)業務(ぎょうむ)担当(たんとう)することも、もちろんできる。どの会社(かいしゃ)にも(かなら)必要(ひつよう)とされる(えん)(した)力持(ちからも)(てき)職業(しょくぎょう)だ。

これがポイント!

国家(こっか)試験(しけん)合格率(ごうかくりつ)は10%

短大(たんだい)高専卒(こうせんそつ)学歴(がくれき)があれば国家(こっか)試験(しけん)にトライ出来(でき)る。受験(じゅけん)資格(しかく)比較的(ひかくてき)(ゆる)やかだが、合格率(ごうかくりつ)毎回(まいかい)10%(じゃく)とかなりの難関(なんかん)。むしろ大学(だいがく)法学部(ほうがくぶ)(すす)み、ガッチリと関連(かんれん)科目(かもく)勉強(べんきょう)しておいた(ほう)有利(ゆうり)かもしれない。また、公務員(こうむいん)になり関連(かんれん)業務(ぎょうむ)従事(じゅうじ)した(うえ)挑戦(ちょうせん)することもできる。

将来(しょうらい)はこうなる

労務(ろうむ)社会(しゃかい)保険(ほけん)関連(かんれん)法律(ほうりつ)改正(かいせい)内容(ないよう)複雑化(ふくざつか)女性(じょせい)高齢者(こうれいしゃ)雇用(こよう)問題(もんだい)などで、手続(てつづ)代行(だいこう)よりもコンサルティング業務(ぎょうむ)比重(ひじゅう)(おお)きくなってきている。セクハラ被害(ひがい)不当(ふとう)解雇(かいこ)相談(そうだん)など、個人(こじん)からの相談(そうだん)()えているので、活躍(かつやく)する()(おお)い。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

独立(どくりつ)開業(かいぎょう)した場合(ばあい)一般的(いっぱんてき)年収(ねんしゅう)は、独立(どくりつ)年目(ねんめ)で500(まん)(えん)前後(ぜんご)新規(しんき)契約(けいやく)順調(じゅんちょう)()やしていければ、年収(ねんしゅう)1000万円(まんえん)以上(いじょう)(ゆめ)ではない。企業(きぎょう)などに就職(しゅうしょく)した場合(ばあい)は、通常(つうじょう)給料(きゅうりょう)資格(しかく)手当(てあて)がつく場合(ばあい)もある。

休暇(きゅうか)は?

官公庁(かんこうちょう)(やす)みに()わせて、土日(どにち)祝日(しゅくじつ)休日(きゅうじつ)にしているケースが(おお)い。ただし、企業(きぎょう)勤務(きんむ)場合(ばあい)新年度(しんねんど)前後(ぜんご)(いそが)しくなり、残業(ざんぎょう)することもある。

職場(しょくば)は?

一般(いっぱん)企業(きぎょう)などの総務(そうむ)人事部(じんじぶ)独立(どくりつ)開業(かいぎょう)した事務所(じむしょ)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP