メニュー閉じる

海上保安官

海上保安官

映画(えいが)『海猿(うみざる)』でスポットライトを浴びた潜水士(せんすいし)も、海上保安官! 「海の警察官」にあこがれる人は多い。

こんな人にピッタリ!

海の上というきびしい自然のもとで仕事をしていくには、何より体力が必要だ。そのためのハードな訓練にたえる気力もそなえていなければいけない。また、どんなじょうきょうでもあわてることない冷静さや、「海の警察官」としてのせいぎ感、せきにん感が必要。団体作業になることが多いので、規則を守り、協調性があることも大切な条件(じょうけん)になる。

どんな仕事?

海上はんざいの取りしまりや海難救助(かいなんきゅうじょ)を行う

海上保安官は海上保安庁の国家公務員(こっかこうむいん)。安全で美しい海を守るため、さまざまな仕事にたずさわっている。第一の仕事は、密輸(みつゆ)、密航(みっこう)などの海上はんざいの取りしまりと、自然さい害やじこが起こったときの救助活動。船どうしのじこによって海に流れ出した油を取りのぞくことも大切な仕事だ。

船の安全な航行を支える

海上保安官の第二の仕事は、海底の地形、水深、海流などを調査(ちょうさ)して、情報(じょうほう)をていきょうしたり、海図などを作ること。そして第三は、安全な船の旅には欠かせない灯台などの航路ひょうしき(海の道しるべ)を設置(せっち)・管理し、海の上の交通整理をする仕事だ。

将来はこうなる

当面、定員はふえそうにない

海上保安庁の定員は1万2000人てい度。当面、おおはばにふえる予定などはない。一方、密輸(みつゆ)、密航(みっこう)などはふえており、海難(かいなん)じこもいつ起こるかわからない。海上の安全とちつじょを守る仕事はますます重要になるため、海上保安官の役わりもそれにあわせて重くなる。

スペシャリストになる道も!

海上保安大学校を卒業すると、海上きんむと陸上きんむを交互(こうご)にくりかえしながらステップアップする。海上保安学校を卒業すると、海上きんむを中心にけい験をつんで、ステップアップをめざす。また、本人の希望と適正によって、密輸(みつゆ)、密航(みっこう)などを取りしまる「国際捜査官(こくさいそうさかん)」や、「特殊救難隊(とくしゅきゅうなんたい)」「せん水士」などのスペシャリストになることも可能だ。

データボックス

収入は?

海上保安官はふつうの国家公務員より高めの給料をもらっている。とくに、じゅんし船や航空機に乗る海上保安官などは、仕事がとくしゅなため金がくが上乗せされる。

休暇は?

原則(げんそく)として4週8休。ただし、24時間きんむや当直など、船でねることも多い。また、じけんやじこが起きた場合は、長時間勤務となることを覚悟(かくご)しよう。その分、代休をとれるが、休日でもいつでも連らくがとれるようにしておく必要がある。

職場は?

海上保安大学校を卒業すると全国への転勤(てんきん)がある。海上保安学校を卒業すると、管区内転勤(てんきん)にかぎられる。ともに海上きんむになると、大・中型じゅんし船などのげん場に配ぞくされる。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP