メニュー閉じる

山岳警備隊

山岳警備隊

長野県、富山県、岐阜県などの高い山々がある県で、警察官(けいさつかん)による人命救助のために作られた特別チーム。山岳遭難救助隊(さんがくそうなんきゅうじょたい)とよぶこともある。

こんな人にピッタリ!

心身ともに健康な人。仲間と協力して行動できる人。人の役に立つことに喜びを感じる人。リーダーシップがとれる人。

どんな仕事?

山岳地帯(さんがくちたい)で命がけのレスキューを行う

高くけわしい山々での事故(じこ)をふせぐために、登山者に安全をよびかけたり、遭難者(そうなんしゃ)を救助するのが仕事だ。冬場はあれくるうふぶきやなだれの危険の中、救助作業にあたることもある。遭難現場(そうなんげんば)では、民間協力隊、山小屋関係者、交通機関の関係者の協力をえながら救助にあたる場合が多く、正しい判断力とリーダーシップがもとめられる。また、あらゆる遭難現場に対応(たいおう)できるように、隊員は日々きびしい訓練にはげむ。隊員として一人前になるには、最低でも5~6年はかかると言われている。現場がきびしければきびしいほど、感謝される仕事である。

これがポイント!

警察官採用(さいよう)試験を受ける

山岳警備隊になるには、まず山岳警備隊のある県の警察官採用試験に合格し、採用されなければならない。採用後は警察学校で警察官としてのきそを学ぶ。その後、交番勤務などを経験し、希望者の中から体力と適性(てきせい)をみこまれた者だけが、ロープの結び方といった山での生活技術や遭難者をせおっての下山を想定した訓練などを受ける。しかし、欠員が出た場合にだけ入隊できるため、すぐに配属(はいぞく)されるとはかぎらない。

山に関する技術を身につけておく

学生時代に山登りやアウトドアスポーツを経験し、山のとりこになった人が、警察官採用試験を受けて、山岳警備隊を希望することが多いようだ。また、警察官になってから、実際に山岳警備隊の仕事ぶりを見て、志望する人もいる。山登り、スキーといった山に関する技術は、人なみに身につけておくといいだろう。しかし、山が好きで体力があるだけではつとまらない。つらい経験にたえられるだけの、強い精神力(せいしんりょく)も必要になることもおぼえておこう。

データボックス

収入は?

警察官は公務員のため、初任給は大卒で24万円くらい。短大卒で22万円くらい。高卒で20万円くらいだ。ちなみに警察官の平均年収は800万円くらいである。山岳警備隊の場合、それにプラスして、命がけで救助にあたり、日々のトレーニングなどもあるため、特殊勤務手当(とくしゅきんむてあて)などが支給される。

休暇は?

週休2日制。ただし、交代制のため、土日が休みとはかぎらない。遭難者が出れば、休みの日に出動することもある。ずっと山中の交番につとめる隊員の場合、休日は平地に下りてすごす。

職場は?

山岳地帯。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP