メニュー閉じる

総理大臣

総理大臣

海外では「大統領(だいとうりょう)」や「首相」ともよばれている、日本のトップに立つ政治家のこと。正式には「内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん)」というよび名である。

こんな人にピッタリ!

話し上手、聞き上手な人。人のめんどうを見るのが好き。せきにん感のある人。

どんな仕事?

社会をよりよく変え、国民のくらしを守る日本のトップ

総理大臣は、日本でもっとも注目される最高権力者だ。議案を国会にてい出したり、各省庁(かくしょうちょう)をかんとくしたり、さい害や戦争時にじえい隊の最高しき官として、国民の生命やざいさんを守るために必要な指示を出す。また、海外との交しょうも行うなど、多くの仕事をこなしている。さらに、国の行政をまかされている内閣(ないかく)には、外務大臣や国土交通大臣など、たくさんの大臣がいるが、人選したり、不正なことをした場合にこらしめるのも、総理大臣の役目だ。毎日のスケジュールは分きざみで決められ、とにかくいそがしいが、国の代表となるやりがいの大きな仕事である。

これがポイント!

国会議員になって経験をつみ、国民のしんらいをえる

総理大臣になるには、まずは国会議員(政治家)になる必要がある。日本のけん法には、総理大臣は国会議員の中から選ぶと書かれているからだ。また、総理大臣は「文民」でなければならないとされている。文民とはしょくぎょうが軍人(現役の自衛官)でないことを指している。国会議員には衆議院議員と参議院議員とがいるが、どちらでもなることができる。しかし、これまでに参議院議員で総理大臣になったケースはない。きほん的には、政治経験などが重んじられることが多く、最大勢力を持つ政党(せいとう)の党首となることを目指そう。そして国会指名選挙によって総理大臣に指名され、天皇によって命名されると総理大臣だ。

有名大学に進学する

歴代の総理大臣のほとんどは、有名大学の出身者だ。そのため、有名大学に進学することが、総理大臣になるための第一歩とも言える。東京大学と早稲田大学は、後に総理大臣になった人が数多く卒業した大学として有名だ。しかし、総理大臣としてのずばぬけた能力が必要なのもわすれてはならない。

将来はこうなる

使命感にあふれた政治家の登場が期待されている

日本はぼう大な赤字国さい(政府の借金)をかかえ、自国でとれる食りょうやエネルギーもとぼしいなど、国家の今後にかかわる重要な案件をいくつもかかえたじょうたいだ。そのため、国民のいたみや苦しみを理解することでき、国民からのメッセージをきちんと受け止める力のある人物。さらに自分の言葉で語り、人をひきつける力やコミュニケーション能力がある人物が総理大臣としてもとめられている。自分が言ったことを最後までせきにんを持ついさぎよさも必要だ。全力で目の前にある問題に取り組む、使命感のある総理大臣の登場が早急にのぞまれている。

データボックス

収入は?

月収は約200万円くらい。年収は約4000万円くらいだ。

休暇は?

総理大臣になっている間はプライベートな時間はほとんどない。

職場は?

国会議事堂、総理大臣官邸(かんてい)、海外など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP