海上保安庁の潜水士

海上保安庁の潜水士

水中にもぐるための用具を身につけ、海上やえん岸などでじこが起きたときにかけつけて人命を救うのが主な仕事だ。海上の安全と治安を守る海上保安庁(かいじょうほあんちょう)に所ぞくする。

こんな人にピッタリ!

目標にむかってつき進む人。体力に自信のある人。仲間と協力しあえる人。

どんな仕事?

水中、船上で人命を救うために活動する

海上保安庁の潜水士(せんすいし)は、海で船のじこが起きたとき、現場にかけつけて救助にあたるのが仕事である。ほかにもはんざいを調べるために必要なものを水面下から引きあげたり、そうなんした船から流出した油をとりのぞく作業なども行う。もちろん、巡視船(じゅんしせん)の運こうや整備作業なども大切な仕事の一つだ。つねに仲間と協力しあいながら仕事を進めるため、コミュニケーション能力が求められる。仕事内容はかなりハードで、日ごろから体力トレーニングや救助訓練は欠かせない。

これがポイント!

海上保安庁の海上保安官になる

「海猿(うみざる)」ともよばれる海上保安庁の潜水士になるには、海上保安大学校または海上保安学校を卒業して、まずは海上保安官にならなければならない。げんざい、海上保安庁の潜水士として活やくしている人は、海上保安学校を出ている人が多いようだ。その海上保安学校でも潜水士になるためには、「船舶運航(せんぱくうんこう)システム課程」か「情報(じょうほう)システム課程」に入学する必要がある。卒業後は現場で仕事を経験し、潜水士になるための研修を受ける。ちなみに、その研修は健康面や水泳能力などのてきせいがある者しか受けることができない。そして約2か月間とてもきびしい訓練を終えて、潜水士の国家試験に合格すると、海上保安庁の潜水士になることができるのだ。

将来はこうなる

島国の日本に欠かせないそんざい

日本はぐるりと海にかこまれた島国だ。人々の生活と海はかかわりが深く、なくてはならないものである。その海上の安全を守るのが、海上保安庁で潜水士の役目なのだ。日本が海や他国とのよい関係を続け、安定した生活をたもつために、潜水士のはたす役わりはこれからもますます大切になっていくだろう。

データボックス

収入は?

海上保安庁の潜水士は国家公務員のため収入は決まっている。海上保安学校を卒業後の月収は約16から18万円だ。船上で仕事したり、潜水するごとに手当がつく。

休暇は?

週休2日制。ただし、仕事によっては船内でとまったり、夜間に仕事をすることもある。

職場は?

船の上や海の中など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP