メニュー閉じる

陸上自衛官

陸上自衛官

日本のどく立や国民の平和を守る陸上自衛隊に所ぞくする自衛官(じえいかん)。さい害にあった人やその地いきを助けたり、国の大切な行事をけいびする。また不発だんをしょりたり、国際こうけんを行うなど、仕事ははば広い。

こんな人にピッタリ!

人のため、国のために役に立ちたい人。体力に自信があり、自分をきたえたい人。

どんな仕事?

日本の陸上を守り、国内・海外のこまった人たちを助ける

陸上自衛官は日本の陸上を守るのが主な仕事だ。日本の自衛隊には陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3つがあるが、一番人数が多いのが陸上自衛隊である。歩兵として地上を中心に働く「ふつう科」、かん者を医りょう室に運び治りょうしたり、隊員の健康かんりなどを行う「衛生科(えいせいか)」、道路や橋などをつくる「しせつ科」など、全部で16科にわかれている。地しんやこう水、火山のふん火が起きたとき、あやしい船や飛行機が日本に近づいてきたときはもちろん、海外で起きた戦争であれはてた町を建て直すときなどに、それぞれの科が役わりを持って出動するのだ。その出動にはきけんがともなうため、日々きびしい訓練をして心と体をきたえている。

これがポイント!

自衛官のさい用しけんを受ける

陸上自衛官になるには、自衛官のさい用しけんを受ける必要がある。中学校そつぎょう者でも受けられるしけんがあり、さい用しけんは学れきによって、いくつかのコースがある。自衛官には、2士から将(しょう)まで16階級があり、学歴によってスタートする階級と級のあがるスピードが変わってくる。ちなみに学歴が高いほうが、高い階級からスタートすることになる。しけんはきほん、ひっきしけんと口述(こうじゅつ)しけん、身体けんさ、てきせいしんさなどである。

せんもん学校をそつぎょうする

中学校そつぎょう者には「陸上自衛隊工科高等学校」という、3年間の高等学校教育とともに、しょうらい陸上自衛官になるべく養成する学校がある。またいっぱん的な高校をそつぎょう後、自衛隊のじっせん的なスキルとなる学問を学ぶ「防衛大学校」、「防衛医科大学校」、「自衛隊中央病院高等看護(かんご)学院」などの自衛隊のせんもん学校に入るルートもある。いずれも学費・入学金が無料で、在学中は特別国家公務員として学生手当(収入)がもらえる。医師として仕事をしたいならば防衛医科大学校、看護師ならば自衛隊中央病院高等看護学校と目指すものによって学校を選ぶといいだろう。

予備自衛官補になる

ふだんはほかの仕事をしながら、いざというときにだけ陸上自衛官になる予備自衛官等制度がある。自衛隊になったことがない国民を対象にぼ集し、しけんを受けてさい用される。年に何度か行われる決まった教育訓練を終えると予備自衛官になることができる。語学、医りょう、車両整備などのせんもん技術者の予備自衛官になる技能こうぼと、3年間に合計50日の教育訓練を受けて、予備自衛官になるいっぱんこうぼがある。国民が自衛隊に接して理解を深める機会をもうけ、予備自衛官の門戸を広くする開放し、すぐれた人材をぼうえい力に組みこむのが目的の制度だ。

将来はこうなる

日本になくてはならないそんざい

陸上自衛隊の今後の防えい力のあり方について、現在さまざまな観点からはば広い話し合いが行われている。なぜならば、テロなどが起きるおそれや、近くの国々とのきんちょう感のある関係性もあり、陸上自衛隊は今の日本になくてはならないそんざいと言えるからだ。自衛官の行動するはんいが広がる可能性もある。陸上自衛隊は対応すべきあらゆるじたいに備え、十分な活やくをできるように役わりや組織の体制を見直すことも出てきそうだ。

データボックス

収入は?

月収はかん部こうほ生の大卒で21円万くらいから、同じく大学院卒で23万円くらいから。中卒の自衛隊生徒は15万円くらいから、防衛大学校と防衛医科大学校の学生手当は10万円くらいからと、自衛官になったルートによってちがってくる。

休暇は?

完全週休2日。休日に仕事した場合は代休をもらえる。

職場は?

全国に約160か所ある自衛隊ちゅうとん地など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP