メニュー閉じる

陸上自衛官

陸上自衛官

日本(にほん)独立(どくりつ)国民(こくみん)平和(へいわ)(まも)陸上自衛隊(りくじょうじえいたい)所属(しょぞく)する自衛官(じえいかん)災害(さいがい)にあった(ひと)やその地域(ちいき)(たす)けたり、(くに)大切(たいせつ)行事(ぎょうじ)警備(けいび)したりする。また不発弾(ふはつだん)処理(しょり)や、国際(こくさい)こうけんを(おこな)うなど、仕事(しごと)幅広(はばひろ)い。

こんな(ひと)にピッタリ!

(ひと)のため、(くに)のために(やく)()ちたい(ひと)体力(たいりょく)自信(じしん)があり、自分(じぶん)をきたえたい(ひと)

どんな仕事(しごと)

日本(にほん)陸上(りくじょう)(まも)り、国内(こくない)海外(かいがい)(こま)った(ひと)たちを(たす)ける

陸上(りくじょう)自衛官(じえいかん)日本(にほん)陸上(りくじょう)(まも)るのが(おも)仕事(しごと)だ。日本(にほん)自衛隊(じえいたい)には陸上自衛隊(りくじょうじえいたい)海上自衛隊(かいじょうじえいたい)航空自衛隊(こうくうじえいたい)の3つがあるが、一番(いちばん)人数(にんずう)(おお)いのが陸上自衛隊(りくじょうじえいたい)である。歩兵(ほへい)として地上(ちじょう)中心(ちゅうしん)(はたら)く「普通(ふつう)()」、患者(かんじゃ)医療(いりょう)(しつ)(はこ)治療(ちりょう)したり、隊員(たいいん)健康(けんこう)管理(かんり)などを(おこな)ったりする「衛生(えいせい)()」、道路(どうろ)(はし)などをつくる「施設(しせつ)()」など、全部(ぜんぶ)で16()()かれている。地震(じしん)洪水(こうずい)火山(かざん)噴火(ふんか)()きた(とき)、あやしい(ふね)飛行機(ひこうき)日本(にほん)(ちか)づいてきた(とき)はもちろん、海外(かいがい)()きた戦争(せんそう)()()てた(まち)()(なお)(とき)などに、それぞれの()役割(やくわり)()って出動(しゅつどう)するのだ。その出動(しゅつどう)には危険(きけん)がともなうため、日々(ひび)(きび)しい訓練(くんれん)をして(こころ)(からだ)をきたえている。

これがポイント!

自衛官(じえいかん)採用(さいよう)試験(しけん)()ける

陸上(りくじょう)自衛官(じえいかん)になるには、自衛官(じえいかん)採用(さいよう)試験(しけん)()ける必要(ひつよう)がある。中学校(ちゅうがっこう)卒業者(そつぎょうしゃ)でも()けられる試験(しけん)があり、採用(さいよう)試験(しけん)学歴(がくれき)によって、いくつかのコースがある。自衛官(じえいかん)には、2()から(しょう)まで16階級(かいきゅう)があり、学歴(がくれき)によってスタートする階級(かいきゅう)(きゅう)()がるスピードが()わってくる。ちなみに学歴(がくれき)(たか)(ほう)が、(たか)階級(かいきゅう)からスタートすることになる。試験(しけん)基本(きほん)筆記(ひっき)試験(しけん)口述試験(こうじゅつしけん)身体検査(しんたいけんさ)適正(てきせい)審査(しんさ)などである。

専門(せんもん)学校(がっこう)卒業(そつぎょう)する

中学校(ちゅうがっこう)卒業者(そつぎょうしゃ)には「陸上自衛隊(りくじょうじえいたい)工科(こうか)高等(こうとう)学校(がっこう)」という、3(ねん)(かん)高等(こうとう)学校(がっこう)教育(きょういく)(とも)に、将来(しょうらい)陸上(りくじょう)自衛官(じえいかん)になるべく養成(ようせい)する学校(がっこう)がある。また一般的(いっぱんてき)高校(こうこう)卒業(そつぎょう)()自衛隊(じえいたい)実践的(じっせんてき)なスキルとなる学問(がくもん)(まな)ぶ「防衛大学校(ぼうえいだいがっこう)」、「防衛(ぼうえい)医科(いか)大学校(だいがっこう)」、「自衛隊(じえいたい)中央(ちゅうおう)病院(びょういん)高等(こうとう)看護(かんご)学院(がくいん)」などの自衛隊(じえいたい)専門(せんもん)学校(がっこう)(はい)るルートもある。いずれも学費(がくひ)入学金(にゅうがくきん)無料(むりょう)で、在学中(ざいがくちゅう)特別(とくべつ)国家(こっか)公務員(こうむいん)として学生(がくせい)手当(てあて)収入(しゅうにゅう))がもらえる。医師(いし)として仕事(しごと)をしたいならば防衛(ぼうえい)医科(いか)大学校(だいがっこう)看護師(かんごし)ならば自衛隊(じえいたい)中央病院高等看護学校(ちゅうおうびょういんこうとうかんごがっこう)(えら)ぶといいだろう。

予備(よび)自衛官補(じえいかんほ)になる

普段(ふだん)(ほか)仕事(しごと)をしながら、いざという(とき)にだけ陸上(りくじょう)自衛官(じえいかん)になる予備(よび)自衛官(じえいかん)(とう)制度(せいど)がある。自衛隊(じえいたい)になったことがない国民(こくみん)対象(たいしょう)募集(ぼしゅう)し、試験(しけん)()けて採用(さいよう)される。(ねん)何度(なんど)(おこな)われる()まった教育(きょういく)訓練(くんれん)()えると予備(よび)自衛官(じえいかん)になることができる。語学(ごがく)医療(いりょう)車両(しゃりょう)整備(せいび)などの専門(せんもん)技術者(ぎじゅつしゃ)予備(よび)自衛官(じえいかん)になる技能(ぎのう)公募(こうぼ)と、3(ねん)(かん)合計(ごうけい)50(にち)教育(きょういく)訓練(くんれん)()けて、予備(よび)自衛官(じえいかん)になる一般(いっぱん)公募(こうぼ)がある。国民(こくみん)自衛隊(じえいたい)(せっ)して理解(りかい)(ふか)める機会(きかい)(もう)け、予備(よび)自衛官(じえいかん)門戸(もんこ)(ひろ)開放(かいほう)し、(すぐ)れた人材(じんざい)防衛力(ぼうえいりょく)()みこむのが目的(もくてき)制度(せいど)だ。

将来(しょうらい)はこうなる

日本(にほん)になくてはならない存在(そんざい)

陸上自衛隊(りくじょうじえいたい)今後(こんご)防衛力(ぼうえいりょく)のあり(かた)について、現在(げんざい)様々(さまざま)観点(かんてん)から幅広(はばひろ)(はな)()いが(おこな)われている。なぜならば、テロなどが()きるおそれや、(ちか)くの国々(くにぐに)との緊張(きんちょう)(かん)のある関係性(かんけいせい)もあり、陸上自衛隊(りくじょうじえいたい)(いま)日本(にほん)になくてはならない存在(そんざい)()えるからだ。自衛官(じえいかん)行動(こうどう)する範囲(はんい)(ひろ)がる可能性(かのうせい)もある。陸上自衛隊(りくじょうじえいたい)対応(たいおう)すべきあらゆる事態(じたい)(そな)え、十分(じゅうぶん)活躍(かつやく)をできるように役割(やくわり)組織(そしき)体制(たいせい)見直(みなお)すことも()てきそうだ。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

月収(げっしゅう)幹部(かんぶ)候補生(こうほせい)大卒(だいそつ)で21万円(まんえん)くらいから、(おな)じく大学院(だいがくいん)(そつ)で23(まん)(えん)くらいから。中卒(ちゅうそつ)自衛隊(じえいたい)生徒(せいと)は15(まん)(えん)くらいから、防衛大学校(ぼうえいだいがっこう)防衛(ぼうえい)医科(いか)大学校(だいがっこう)学生(がくせい)手当(てあて)は10(まん)(えん)くらいからと、自衛官(じえいかん)になったルートによってちがってくる。

休暇(きゅうか)は?

完全(かんぜん)週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)休日(きゅうじつ)仕事(しごと)した場合(ばあい)代休(だいきゅう)をもらえる。

職場(しょくば)は?

全国(ぜんこく)(やく)160か(しょ)ある自衛隊(じえいたい)ちゅうとん()など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP