メニュー閉じる

海上自衛官

海上自衛官

海上自衛隊(かいじょうじえいたい)自衛官(じえいかん)周囲(しゅうい)(うみ)(かこ)まれた日本(にほん)安全(あんぜん)(まも)っている。

こんな(ひと)にピッタリ!

(ひと)のため、(くに)のために(やく)()ちたい(ひと)体力(たいりょく)自信(じしん)があり、自分(じぶん)をきたえたい(ひと)協調性(きょうちょうせい)のある(ひと)

どんな仕事(しごと)

日本(にほん)海上(かいじょう)(まも)り、国内(こくない)海外(かいがい)(こま)っている(ひと)たちを(たす)ける

海上(かいじょう)自衛官(じえいかん)は、日本(にほん)(うみ)国民(こくみん)を、他国(たこく)から(まも)るのが(おも)仕事(しごと)だ。日本(にほん)海外(かいがい)災害(さいがい)()きた(とき)には、艦艇(かんてい)航空機(こうくうき)などで、そうさく・救助(きゅうじょ)救援(きゅうえん)物資(ぶっし)運送(うんそう)などを(おこな)う。海上自衛隊(かいじょうじえいたい)には、護衛艦(ごえいかん)(たい)航空(こうくう)集団(しゅうだん)潜水艦(せんすいかん)(たい)(おも)に3つがあり、仕事(しごと)内容(ないよう)航海(こうかい)射撃(しゃげき)射管(しゃかん)通信(つうしん)など(やく)50(しゅ)にもわたる。日本(にほん)領海(りょうかい)(ない)監視(かんし)したり、武装(ぶそう)工作船(こうさくせん)潜水艦(せんすいかん)からのこうげきに(たい)して日本(にほん)商船(しょうせん)などを(まも)っている。さらに、水面(すいめん)(こおり)()りながら(すす)砕氷艦(さいひょうかん)「しらせ」による、南極(なんきょく)地域(ちいき)観測(かんそく)協力(きょうりょく)なども(おこな)っている。陸上(りくじょう)自衛官(じえいかん)同様(どうよう)に、その出動(しゅつどう)には危険(きけん)がともなうため、日々(ひび)(きび)しい訓練(くんれん)心身(しんしん)をきたえている。

これがポイント!

自衛官(じえいかん)採用(さいよう)試験(しけん)()ける

海上(かいじょう)自衛官(じえいかん)になるには、自衛官(じえいかん)採用(さいよう)試験(しけん)()けることが必要(ひつよう)だ。試験(しけん)高卒(こうそつ)から()けられ、採用(さいよう)試験(しけん)学歴(がくれき)によっていくつかのコースがある。海上自衛隊(かいじょうじえいたい)には2(とう)海士(かいし)海曹(かいそう)(ちょう)、1(とう)海尉(かいい)といったいくつもの階級(かいきゅう)があり、学歴(がくれき)によってスタートする階級(かいきゅう)昇級(しょうきゅう)スピードが()わってくる。もちろん学歴(がくれき)(たか)(ほう)が、(たか)階級(かいきゅう)からスタートする。試験(しけん)基本(きほん)筆記(ひっき)試験(しけん)口述(こうじゅつ)試験(しけん)身体検査(しんたいけんさ)適正(てきせい)審査(しんさ)などがある。

専門的(せんもんてき)学校(がっこう)卒業(そつぎょう)する

高校(こうこう)卒業(そつぎょう)()自衛隊(じえいたい)実践的(じっせんてき)なスキルとなる学問(がくもん)(まな)ぶ「防衛大学校(ぼうえいだいがっこう)(4(ねん)(かん))」、「防衛(ぼうえい)医科(いか)大学校(だいがっこう)(6(ねん)(かん))」などの自衛隊(じえいたい)専門(せんもん)学校(がっこう)(はい)るルートが一般的(いっぱんてき)だ。中学(ちゅうがく)卒業(そつぎょう)()に、「陸上自衛隊(りくじょうじえいたい)工科(こうか)高等(こうとう)学校(がっこう)(3(ねん)(かん))」を卒業(そつぎょう)する方法(ほうほう)もある。一般曹(いっぱんそう)候補(こうほ)(せい)か2(とう)海士(かいし)任期(にんき)(せい)自衛官(じえいかん))になる採用(さいよう)試験(しけん)()ける方法(ほうほう)もある。(ほか)自衛官(じえいかん)同様(どうよう)、いずれも学費(がくひ)入学金(にゅうがくきん)無料(むりょう)で、在学中(ざいがくちゅう)特別(とくべつ)国家(こっか)公務員(こうむいん)として学生(がくせい)手当(てあて)収入(しゅうにゅう))を()ることができる。海上自衛隊(かいじょうじえいたい)のパイロットになりたい場合(ばあい)は、海上自衛隊(かいじょうじえいたい)航空(こうくう)基地(きち)航空(こうくう)学生(がくせい)になるコースを(えら)ぼう。

将来(しょうらい)はこうなる

日本(にほん)(うみ)安全(あんぜん)(まも)存在(そんざい)

島国(しまぐに)日本(にほん)は、四方(しほう)(うみ)(かこ)まれているため、万一(まんいち)のことがある場合(ばあい)は、(かなら)(うみ)からとなる。また、日本(にほん)国民(こくみん)生活(せいかつ)(ささ)える物資(ぶっし)のほとんどは、海外(かいがい)(たよ)っていて、その9(わり)以上(いじょう)海上(かいじょう)運送(うんそう)利用(りよう)している。海上(かいじょう)自衛官(じえいかん)はそれらの安全(あんぜん)(まも)るという大切(たいせつ)役割(やくわり)を、これからも(にな)っていくことになるはずだ。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

月収(げっしゅう)幹部(かんぶ)候補(こうほ)(せい)大卒(だいそつ)で21万円(まんえん)くらいから、(おな)じく大学院(だいがくいん)(そつ)で23(まん)(えん)くらいから。中卒(ちゅうそつ)自衛隊(じえいたい)生徒(せいと)は15(まん)(えん)くらいから、防衛大学校(ぼうえいだいがっこう)防衛(ぼうえい)医科(いか)大学校(だいがっこう)学生(がくせい)手当(てあて)は10(まん)(えん)くらいからと、自衛官(じえいかん)になったルートによってちがってくる。

休暇(きゅうか)は?

完全(かんぜん)週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)休日(きゅうじつ)仕事(しごと)した場合(ばあい)代休(だいきゅう)をもらえる。

職場(しょくば)は?

全国(ぜんこく)(やく)30か(しょ)ある護衛(ごえい)(たい)(ぐん)司令(しれい)()航空(こうくう)(ぐん)司令(しれい)()潜水(せんすい)(たい)(ぐん)司令(しれい)()など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP