メニュー閉じる

海上自衛官

海上自衛官

海上自衛隊の自衛官。周囲を海に囲まれた日本の安全を守っている。

こんな人にピッタリ!

人のため、国のために役に立ちたい人。体力に自信があり、自分をきたえたい人。協調性のある人。

どんな仕事?

日本の海上を守り、国内・海外のこまった人たちを助ける

海上自衛官は、日本の海や国民を、他国から守るのが主な仕事だ。日本や海外でさい害が起きたときには、艦艇(かんてい)や航空機などで、そうさく・救助、救えん物資の運送などを行う。海上自衛隊には、ごえいかん隊、航空集団、せん水かん隊の主に3つがあり、仕事内容は航海、しゃげき・しゃ管、通信など約50種にもわたる。日本の領海内をかんししたり、武そう工作船やせん水かんからのこうげきに対して日本の商船などを守っている。さらに、水面の氷をわりながら進む、さい氷かん「しらせ」による、南極地いきのかんそく協力なども行っている。陸上自衛官と同様に、その出動にはきけんがともなうため、日々きびしい訓練で心身をきたえている。

これがポイント!

自衛官のさい用しけんを受ける

海上自衛官になるには、自衛官のさい用しけんを受けることが必要だ。しけんは高卒から受けられ、さい用しけんは学れきによっていくつかのコースがある。海上自衛隊には二等海士、海そう長、一等海いといったいくつもの階級があり、学歴によってスタートする階級としょう級スピードが変わってくる。もちろん学歴が高いほうが、高い階級からスタートする。しけんはきほん、ひっきしけんと口じゅつしけん、身体けんさ、てきせいしんさなどがある。

せんもんてきな学校をそつぎょうする

高校そつぎょう後、自衛隊のじっせん的なスキルとなる学問を学ぶ「防衛大学校(4年間)」、「防衛医科大学校(6年間)」などの自衛隊のせんもん学校に入るルートがいっぱん的だ。中学そつぎょう後に、「陸上自衛隊工科高等学校(3年間)」をそつぎょうする方法もある。いっぱんそうこうほ生か2等海士(任期制自衛官)になるさい用しけんを受ける方法もある。ほかの自衛官と同様、いずれも学費・入学金が無料で、在学中は特別国家公務員として学生手当(収入)をえることができる。海上自衛隊のパイロットになりたい場合は、海上自衛隊の航空基地で航空学生になるコースを選ぼう。

将来はこうなる

日本の海の安全を守るそんざい

島国・日本は、四方を海に囲まれているため、万一のことがある場合は、必ず海からとなる。また、日本の国民生活を支える物資のほとんどは、海外にたよっていて、その9割以上が海上運送を利用している。海上自衛官はそれらの安全を守るという大切な役わりを、これからもになっていくことになるはずだ。

データボックス

収入は?

月収はかん部こうほ生の大卒で21円万くらいから、同じく大学院卒で23万円くらいから。中卒の自衛隊生徒は15万円くらいから、防衛大学校と防衛医科大学校の学生手当は10万円くらいからと、自衛官になったルートによってちがってくる。

休暇は?

完全週休2日。休日に仕事した場合は代休をもらえる。

職場は?

全国に約30か所あるごえい隊群司令部、航空群司令部、せん水隊群司令部など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP