メニュー閉じる

鑑識官

鑑識官

刑事(けいじ)ドラマでおなじみ。犯行現場(はんこうげんば)に残された指もんやかみの毛などから、犯人の決め手となる証拠(しょうこ)を見つけだす。

こんな人にピッタリ!

犯罪(はんざい)をゆるさない正義(せいぎ)の心を持つ人。調べものなど、好きなことに熱中すると時間がたつのをわすれてしまう人。

どんな仕事?

犯行現場で集めたものから犯人を特定する

鑑識官は、警察(けいさつ)の「刑事部鑑識課」ではたらく警察官。犯行現場にかけつけて、指もんや血のあと、足あと、交通事故(じこ)を起こした自動車の破片(はへん)など、事件(じけん)に関係がありそうなものを集める。集めたものを手がかりにして犯人を特定し、何が起きたのかを明らかにするのが仕事だ。鑑識が特定した犯人の情報(じょうほう)が犯人をさがし出す資料(しりょう)として役立てられる。犯人の顔をイメージした「モンタージュ写真」の作成も鑑識の仕事。また、においで犯人を追う警察犬も鑑識課に所属(しょぞく)している。

これがポイント!

鑑識官は選ばれた警察官

鑑識官は警察官なので、警察官採用(さいよう)試験に合格(ごうかく)して、警察官になることが鑑識官を目指す第一歩。最初から鑑識官としてはたらくことはなく、交番勤務(きんむ)で警察官としての実力を身につけてから、刑事にならなくてはならない。そのなかで「鑑識官任用(にんよう)試験」に合格するなど、強く希望し、選ばれた人が鑑識官としてはたらくようになる。鑑識の知識(ちしき)や技術(ぎじゅつ)は警察官になってから学ぶので、卒業すると有利になる学校は特にない。ただ、化学の知識や写真撮影(さつえい)の技術があると役立つようだ。

科学の力で鑑識をサポートする研究所

「科学捜査(そうさ)研究所」は、各都道府県警察の研究機関。鑑識課と協力して、遺伝子(いでんし)解析(かいせき)など、より科学的な方法で犯人の手がかりを調べる。研究員は、警察官ではなく「警察職員(しょくいん)」なので、警察官採用試験ではなく、地方公務員(こうむいん)試験や研究員採用試験を受験する。科学的な知識(ちしき)が必要なので、大学の理工学部を卒業した人が有利だ。ただし、研究員の募集(ぼしゅう)は不定期で、その人数も少ない。 また、科学捜査そのものを研究する「科学警察研究所」もある。こちらは国の機関である警察庁に所属するものなので、国家公務員試験に合格しなくてはならない。

将来はこうなる

犯人の決め手をより早く見つけて犯罪をへらす

警察の役目のひとつは、犯罪者をつかまえることで新たな犯罪を防止(ぼうし)すること。平成25年度の警察庁のデータでは、平成15年から犯罪の数は毎年へっている。さらに犯罪をへらすには、より早く多くの犯人をつかまえることが大切だ。そのためにも、犯人をしぼりこむ鑑識の仕事は重要になる。科学の進歩によって、もっと多くの手がかりから犯人を特定できるようになるかもしれない。しかし、その手がかりを集めること、それこそが鑑識官の仕事の基本(きほん)であることは変わらないはずだ。

データボックス

収入は?

平成26年度の警察官の平均(へいきん)月給は、およそ46万円。

休暇は?

刑事課は、大きな事件が起きないときは、土日祝日が休み。週に1回ほど当直勤務(とまりこみの仕事)があるので、夏休みでもあまり長い期間は休めない。

職場は?

所属する警察署(けいさつしょ)、犯罪現場。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP