花屋

キレイな花々を仕入れ、お客さんに売るのが仕事。個性がひかるアレンジメントフラワーをつくることも。

こんな人にピッタリ!

花が好きな人。物事に熱中しやすい人。人のめんどうを見ることが好きな人。

どんな仕事?

市場で花を仕入れ、お店でお客さんにあった花を売る

早朝に市場から花を仕入れ、店をオープンさせたあとも、花を長持ちさせるための手入れや水やりなどの管理をする。お客さんの要望にあわせ、アレンジメントフラワーや花束を作るのはもちろん、結婚式やおそう式で花をかざることもある。

これがポイント!

専門学校(せんもんがっこう)のプロ養成コースを卒業する

花のことを学べる専門学校(せんもんがっこう)は、スクールの先生やフラワーデザイナーをめざす「デザイン」コースと、花屋になるための「ビジネス」コースとがある。開業したいなら、「ビジネス」コースを選ぶとよい。学校ではデザインの基本(きほん)や、ラッピング技術(ぎじゅつ)、販売のノウハウ、流通、経理などを学べるため、花屋で働くなら有利だ。

自動車の運転ができて、接客をしたことがある

花屋になるためには、とくに資格(しかく)は必要ないが、車の運転免許(めんきょ)は花の仕入れ、配達などに必要だ。さらに接客の経験があるとよい。しかし、一番大事なのは、花の美しさを多くの人に伝えたいという強い気持ちだ。水仕事で立ちっぱなしのことも多いので、体力も必要だ。

将来はこうなる

こせい的な花屋がふえる

最近、雑貨(ざっか)を置いたり、カフェスペースのある花屋が登場している。店内でフラワー教室を開いているところもあり、何度もお店に通ってくれるお客さんをふやすことにつながっている。今後も、こうした一風変わったコラボレーションがなされた花屋がふえてくるだろう。

データボックス

収入は?

平均年収は400万円前後。季節や行事によって、月の売り上げに大きな差が出る。

休暇は?

シフト制で週休2日。

職場は?

花屋、園芸店、切り花専門(せんもん)店など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP