メニュー閉じる

花屋

キレイな花々(はなばな)仕入(しい)れ、お(きゃく)さんに()るのが仕事(しごと)個性(こせい)(ひか)るアレンジメントフラワーを(つく)ることも。

こんな(ひと)にピッタリ!

(はな)()きな(ひと)物事(ものごと)熱中(ねっちゅう)しやすい(ひと)(ひと)面倒(めんどう)()ることが()きな(ひと)

どんな仕事(しごと)

市場(いちば)(はな)仕入(しい)れ、お(みせ)でお(きゃく)さんにあった(はな)()

早朝(そうちょう)市場(いちば)から(はな)仕入(しい)れ、(みせ)をオープンさせた(あと)も、(はな)長持(ながも)ちさせるための手入(てい)れや(みず)やりなどの管理(かんり)をする。お(きゃく)さんの要望(ようぼう)()わせ、アレンジメントフラワーや花束(はなたば)(つく)るのはもちろん、結婚式(けっこんしき)やお葬式(そうしき)(はな)をかざることもある。

これがポイント!

専門(せんもん)学校(がっこう)のプロ養成(ようせい)コースを卒業(そつぎょう)する

(はな)のことを(まな)べる専門(せんもん)学校(がっこう)は、スクールの先生(せんせい)やフラワーデザイナーを目指(めざ)す「デザイン」コースと、花屋(はなや)になるための「ビジネス」コースとがある。開業(かいぎょう)したいなら、「ビジネス」コースを(えら)ぶとよい。学校(がっこう)ではデザインの基本(きほん)や、ラッピング技術(ぎじゅつ)販売(はんばい)のノウハウ、流通(りゅうつう)経理(けいり)などを(まな)べるため、花屋(はなや)(はたら)くなら有利(ゆうり)だ。

自動車(じどうしゃ)運転(うんてん)ができて、接客(せっきゃく)をしたことがある

花屋(はなや)になるためには、(とく)資格(しかく)必要(ひつよう)ないが、(くるま)運転(うんてん)免許(めんきょ)(はな)仕入(しい)れ、配達(はいたつ)などに必要(ひつよう)だ。さらに接客(せっきゃく)経験(けいけん)があると()い。しかし、一番(いちばん)大事(だいじ)なのは、(はな)(うつく)しさを(おお)くの(ひと)(つた)えたいという(つよ)気持(きも)ちだ。水仕事(みずしごと)()ちっぱなしのことも(おお)いので、体力(たいりょく)必要(ひつよう)だ。

将来(しょうらい)はこうなる

個性的(こせいてき)花屋(はなや)()える

最近(さいきん)雑貨(ざっか)()いたり、カフェスペースを(もう)けたりする花屋(はなや)登場(とうじょう)している。店内(てんない)でフラワー教室(きょうしつ)(ひら)いている(ところ)もあり、何度(なんど)もお(みせ)(かよ)ってくれるお(きゃく)さんを()やすことにつながっている。今後(こんご)も、こうした一風(いっぷう)()わったコラボレーションがなされた花屋(はなや)()えてくるだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

平均(へいきん)年収(ねんしゅう)は400(まん)(えん)前後(ぜんご)季節(きせつ)行事(ぎょうじ)によって、(つき)()()げに(おお)きな()()る。

休暇(きゅうか)は?

シフト(せい)週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)

職場(しょくば)は?

花屋(はなや)園芸店(えんげいてん)()(ばな)専門店(せんもんてん)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP