書店員

書店のたなに本をならべたり、本を買いに来た人にレジをうって本を売るのが仕事だ。

こんな人にピッタリ!

日ごろからたくさん本を読み、書店に行くのが好きな人。人とコミュニケーションを取るのが得意な人。

どんな仕事?

書店でいろいろなジャンルの本を売る

書店員の主な仕事は、書店のたなをかんりして、接客(せっきゃく)することだ。お客さんの目をひくようなポップ広告を作ったり、オリジナルのブックフェアなどのイベントを考えて行い、売り上げアップをはかったりもする。接客(せっきゃく)は、レジカウンターで会計をするほか、お客の問い合わせにおうじて本をさがしたり、注文したりもする。

人と本との出会いのかけはしとなる

ときには商品知識を生かして、おすすめの本をお客さんにしょうかいすることもある。自分のすすめた本との出会いで、お客さんが喜んでくれたり、その人の人生を変えたり、心がゆたかになる手伝いができることがやりがいだ。一日中立ち仕事で、毎日大量に入って来る本をたなにならべる作業は、予想以上に力のいる仕事でもある。

これがポイント!

いろいろなジャンルにきょうみを持つ

何でもあつかう大型書店の場合、自分の好きなジャンル以外の本についてもきょうみをもって、どんどん商品知識をふやしていくことがもとめられる。世の中の流れやお客さんのもとめているものをびんかんにとらえる力が、書店員には必要なのだ。さらに、商品を売るためのたなづくりの工夫ができる企画力(きかくりょく)や演出力(えんしゅつりょく)も現場ではもとめられてくる。

人とせっするのが好き

書店員は接客(せっきゃく)のほかにも、アルバイトを指導したり、本を出す出版社の営業の人とやりとりするなど、多くの人とコミュニケーションする場面がある。そのため、本が好きなだけではなく、人が好きで、人と話をするのが楽しいと感じられることも大切な条件だ。

将来はこうなる

書店どくじのみりょくを打ち出すたな作り

インターネットを使ったオンライン書店が急成長し、ケータイ電話からダウンロードできる新しいタイプの本が登場する今、書店にちょくせつ足を運ぶ人は、昔とくらべてへっいる。そもそも日本人が、あまり本を読まなくなって売り上げが落ちていることもあり、書店の経営はなかなかきびしいようだ。そんな時代だからこそ、書店員は書店をおとずれたお客さんの心をつかむような本のならべ方やポップ広告の工夫などがもとめられてくるだろう。新しいことをどんどんやっている書店は、お客さんもおとずれるのが楽しいだろう。

データボックス

収入は?

書店の大きさによるが、大型書店で大学卒の場合、月収は21万円くらい。

休暇は?

週休2日制。シフト制なので、2日間続けて休めないことのほうが多い。

職場は?

大型書店、町の小さな書店、など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP