メニュー閉じる

書店員

書店(しょてん)のたなに(ほん)(なら)べたり、(ほん)()いに()(ひと)にレジを()って(ほん)()ったりするのが仕事(しごと)だ。

こんな(ひと)にピッタリ!

日頃(ひごろ)からたくさん(ほん)()み、書店(しょてん)()くのが()きな(ひと)(ひと)とコミュニケーションを()るのが得意(とくい)(ひと)

どんな仕事(しごと)

書店(しょてん)色々(いろいろ)なジャンルの(ほん)()

書店(しょてん)(いん)(おも)仕事(しごと)は、書店(しょてん)のたなを管理(かんり)して、接客(せっきゃく)することだ。お(きゃく)さんの()()(よう)なポップ広告(こうこく)(つく)ったり、オリジナルのブックフェアなどのイベントを(かんが)えて(おこな)い、()()げアップを(はか)ったりもする。接客(せっきゃく)は、レジカウンターで会計(かいけい)をする(ほか)、お(きゃく)()()わせに(おう)じて(ほん)(さが)したり、注文(ちゅうもん)したりもする。

(ひと)(ほん)との出合(であ)いのかけ(はし)となる

(とき)には商品(しょうひん)知識(ちしき)()かして、おすすめの(ほん)をお(きゃく)さんにしょうかいすることもある。自分(じぶん)のすすめた(ほん)との出合(であ)いで、お(きゃく)さんが(よろこ)んでくれたり、その(ひと)人生(じんせい)()えたり、(こころ)(ゆた)かになる手伝(てつだ)いができることがやりがいだ。一日中(いちにちじゅう)()仕事(しごと)で、毎日(まいにち)大量(たいりょう)(はい)って()(ほん)をたなに(なら)べる作業(さぎょう)は、予想(よそう)以上(いじょう)(ちから)のいる仕事(しごと)でもある。

これがポイント!

色々(いろいろ)なジャンルに興味(きょうみ)()

(なん)でもあつかう大型(おおがた)書店(しょてん)場合(ばあい)自分(じぶん)()きなジャンル以外(いがい)(ほん)についても興味(きょうみ)()って、どんどん商品(しょうひん)知識(ちしき)()やしていくことが(もと)められる。()(なか)(なが)れやお(きゃく)さんの(もと)めているものを敏感(びんかん)にとらえる(ちから)が、書店(しょてん)(いん)には必要(ひつよう)なのだ。さらに、商品(しょうひん)()るためのたな(づく)りの工夫(くふう)ができる企画力(きかくりょく)演出力(えんしゅつりょく)現場(げんば)では(もと)められてくる。

(ひと)(せっ)するのが()

書店(しょてん)(いん)接客(せっきゃく)(ほか)にも、アルバイトを指導(しどう)したり、(ほん)()出版社(しゅっぱんしゃ)営業(えいぎょう)(ひと)とやりとりしたりするなど、(おお)くの(ひと)とコミュニケーションする場面(ばめん)がある。そのため、(ほん)()きなだけではなく、(ひと)()きで、(ひと)(はなし)をするのが(たの)しいと(かん)じられることも大切(たいせつ)条件(じょうけん)だ。

将来(しょうらい)はこうなる

書店(しょてん)独自(どくじ)魅力(みりょく)()()すたな(づく)

インターネットを使(つか)ったオンライン書店(しょてん)急成長(きゅうせいちょう)し、タブレット端末(たんまつ)などからダウンロードできる(あたら)しいタイプの(ほん)登場(とうじょう)する(いま)書店(しょてん)直接(ちょくせつ)(あし)(はこ)(ひと)は、(むかし)(くら)べて()っている。そもそも日本人(にほんじん)が、あまり(ほん)()まなくなって()()げが()ちていることもあり、書店(しょてん)経営(けいえい)はなかなか(きび)しいようだ。そんな時代(じだい)だからこそ、書店(しょてん)(いん)書店(しょてん)(おとず)れたお(きゃく)さんの(こころ)をつかむような(ほん)(なら)(かた)やポップ広告(こうこく)工夫(くふう)などが(もと)められてくるだろう。(あたら)しい(こと)をどんどんやっている書店(しょてん)は、お(きゃく)さんも(おとず)れるのが(たの)しいだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

書店(しょてん)(おお)きさによるが、大型(おおがた)書店(しょてん)大学卒(だいがくそつ)場合(ばあい)月収(げっしゅう)は21(まん)(えん)くらい。

休暇(きゅうか)は?

週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)(せい)。シフト(せい)なので、2日間(にちかん)(つづ)けて(やす)めないことの(ほう)(おお)い。

職場(しょくば)は?

大型(おおがた)書店(しょてん)(まち)(ちい)さな書店(しょてん)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP