メニュー閉じる

いっぱん事務

いっぱん事務

来客のたいおうや電話の受け答えをしたり、データ入力や会議のしりょう作り、物品発注などのデスクワークを行い、しょくばをサポートする。

こんな人にピッタリ!

こまかい作業がとくい。人と話すのが好き。きちょうめんである。

どんな仕事?

周囲の仕事をこうりつよく行うためにサポートする

仕事は会社によってちがってくることもあるが、いっぱん事務(じむ)はパソコンを使ったデータ入力、ファイリング、来客たいおうなどのデスクワークを行うのが仕事だ。会社のまど口となることが多いため、気配りができ、だれにでも真心を持って明るく受け答えができることが求められる。また、正かくさやこうりつの良さも必要なため、自分なりに日々工夫することも大切だ。時として仕事が単調になることもあるが、パソコンのスキルを上げるために資格(しかく)を身につけ、まかされる仕事がふえていくことで、自分の成長を実感できる。

これがポイント!

パソコンを使いこなせると入社しけんで有利

いっぱん事務として仕事につくために、特別な資格(しかく)は必要ない。そこで、まずはけいえい学やけいざい学、社会学を大学・短大で学ぶか、せんもん学校でビジネス、OA、けいりなどを学ぶのがいっぱん的だ。高校や短大・大学を卒業後、会社や団体などにしゅうしょくし、ぶしょに配ぞくされて仕事につくことになる。近年では、パソコンなどが使えることをさいようの条件(じょうけん)にしている会社が多く、会社によっては、ぼき、英会話などののうりょくも求められる。また、社内外のまど口となる仕事のため、社会じょうしきやビジネスマナーも必要だ。

将来はこうなる

会社や団体になくてはならないそんざい

いっぱん事務の仕事ははば広く、とくに小さな会社ではけいり、人事の仕事をかねることも多く、まさに会社をささえるそんざいといえるだろう。とくにいっぱん事務の経験者(けいけんしゃ)に対しては、何かの得意分野が求められるようになってきた。経験をつんで、スキルアップをしていけば、どんどんやりがいも広がっていく仕事と言えるだろう。また、つみかさねた経験は、どんな業界でもいかすことができるので、新たな仕事についたときにも役立つ。

データボックス

収入は?

正社員の場合、月収15万円くらいからが多いようだ。けいやくやパートだと会社にもよるが、時給1000円前後が多い。

休暇は?

週休2日制。会社にもよるが、きほんは土日休みとなる。

職場は?

会社、団体など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP