メニュー閉じる

ひっこし屋さん

ひっこし屋さん

人が生活する場所や活動する場所を、ほかの場所にうつす作業を手伝う。

こんな人にピッタリ!

体力に自信がある。せきにんかんがある。気配りができる人。

どんな仕事?

お客さんのさまざまな荷物を運ぶ、ひっこし作業を手伝う

元いた場所から家具や荷物を移動させ、新たな行き先にトラックなどで運ぶのが仕事だ。また、ひっこしをする人の家に行き、ひっこしの見積もりを出すのも大切な仕事のひとつ。ひっこし屋さんは大手をはじめ、中小、個人経営までふくめると1000社以上にのぼる。そこで日々、何社も見積もりをとっているお客さんから、仕事をもらえるようにはげしいサービス合戦をしている。ひっこし屋さんは体力、根性、気配りの心が欠かせない。また、作業は一人では行えないため、おおぜいの仲間と作業するチームワークも大切だ。

これがポイント!

ひっこし屋さんに入って一人前になる

ひっこし屋さんになるために、とくに資格(しかく)は必要ない。なるための方法としては、アルバイトからスタートする方法と、ひっこし屋さんに新入社員として入社する方法とがある。一人前になるには、5年はかかると言われている。体力だけではなく、タンスの持ち方、荷物を包む方法、ガラスを安全に運ぶ方法などを現場で何度も経験し、覚えていくことが必要だからだ。ひっこしをする家は、いろんな場所、かんきょう、条件(じょうけん)がある。どんなじょうきょうでも対応できるように経験をつむことが大切だ。

将来はこうなる

きちんと仕事ができるひっこし屋さんが生き残る

近年の不景気から、ひっこし市場は小さくなりつつある中、ひっこし屋さんの間での受注きょうそうははげしくなる一方だ。見積もりをしたお客さまにお米をプレゼントしたり、地しんがきたときのための対さくをするサービスを行うなど、それぞれの会社でいろいろなサービスを行っている。とはいえ、ひっこし屋さんに大切なのは、手早く、確実(かくじつ)に安全に運ぶこと。ていねいな仕事をすることが、お客に満足してもらえて次につながるのは変わりないだろう。

データボックス

収入は?

月収は20万円から40万円くらい。体力的にかなりきついので、ほかの仕事よりも収入はよい。

休暇は?

土日にひっこしするお客さんが多いため、休みを取るのは基本的(きほんてき)に平日だ。休みの取り方は会社によってまちまちである。ひっこしが多い3月などは休みが取りづらいことも。

職場は?

お客さんの家や会社、ひっこし屋さんの事務所など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP