メニュー閉じる

秘書

会社けいえいのトップに立つ人たちにつき、雑用(ざつよう)からスケジュール管理までを一手に引き受ける、えんの下の力持ち。

こんな人にピッタリ!

自分からすすんでやる人。責任(せきにん)感のある人。

どんな仕事?

きぎょうやだんたいのトップに立つ人を、ゆたかな知性(ちせい)とはんだん力でサポートする

社長や役員、医者、政治家(せいじか)などにつき、いろいろな雑務(ざつむ)をすべて管理し、上司が仕事に集中できるかんきょうを整えるのが、秘書の仕事だ。けいえいトップは、重要な仕事をになっていて、外部からの来客対応(らいきゃくたいおう)や出張(しゅっちょう)、接待(せったい)と、大変いそがしい毎日を送っている。そのため秘書は、日々同じ仕事をあたえられるわけではなく、その都度、多くの仕事を機転をきかせてこなしていくことが大切になってくる。秘書の主な仕事内容(ないよう)には、電話対応、メール・手紙の処理(しょり)、スケジュール管理、社内外とのれんらく・調整、来客対応、文書作成などがあり、細かくてはば広い。

これがポイント!

秘書にふさわしいスキル(技能(ぎのう)や能力(のうりょく))をみがいておく

秘書になるには、特に資格(しかく)は問われない。秘書が活やくできる場はさまざまだが、代表的なのがいっぱんきぎょうだ。大学や短大、せんもん学校を卒業後、しゅうしょくして、向いているとみとめられると秘書として働くことができる。新入社員を秘書として、さいようしているところは少ないので、入社して数年経験(けいけん)をつんでから希望を出し、みとめられると「秘書室」や「秘書課」などにはいぞくされるのがいっぱん的だ。ただ、秘書にはさまざまなスキルがもとめられるため、秘書のきそ知しきや技能が学べる大学や短大、せんもん学校で秘書にふさわしいスキルを習得しておくこともできる。「秘書検定」という秘書の能力をしょうめいする資格もあり、秘書として活やくしている人のほとんどが資格を取得している。

接客マナーはもちろん、気配りのできる人が有利

大切なお客さんのたいおうをすることも多いので、的確(てきかく)なはんだん力と細かな気配りができる、正しい接客マナーを身につけた、せいけつ感のある明るい人に向いている。また、重要な書類とせっすることも多いので、せきにん感があることも必要だ。接待などで夜おそくなるなどのハードスケジュールにたえられる体力ももとめられる。きんきゅうじたいが起きたとき、たいしょができるはんだん力と、すばやく動けるせっきょく性のある人がのぞまれる。

将来はこうなる

IT(アイティー)化にたいおうできる人が有利

秘書の仕事は、今後さらにIT化が進んでいくだろう。そのため、日商PC検定試験(文書作成・データ活用)や情報処理技術者(じょうほうしょりぎじゅつしゃ)試験などにもチャレンジしておこう。一方、機械化、高性能化が進むことによって、人間関係がとぼしくなることに不安を感じているきぎょうは、人と人とのつながりを大切にしようという考えが強くなっている。そのため、人間関係をスムーズにする能力や、日常(にちじょう)のあいさつといった仕事場でのじょうしきや、ゆたかな人間性がもとめられ、秘書のはたす役わりは期待されているといえるだろう。

データボックス

収入は?

せんもん性の高い仕事であるため、いっぱん事務(じむ)よりも高め。未経験は年収(ねんしゅう)250万円〜300万円くらいだが、会社によっては、高い英語力などの高度な技術と知しきがあれば、資格手当てを支給(しきゅう)する会社もあり、努力次第では収入アップものぞめる。さらに経験をつんで、会社のトップにつく秘書になれば、年収500万円以上もらえることもある。

休暇は?

週休2日制。社長秘書の場合、社長の休みにあわせて取ることもある。

職場は?

いっぱんきぎょう、外資系(がいしけい)、官庁(かんちょう)、研究所、大使館など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP