ケースワーカー

ケースワーカー

社会的に弱い立場の人たちから最も信頼される、地域でなくてはならない存在(そんざい)。

こんな人にピッタリ!

相談を受ける仕事なので、聞きじょうずで気さくな人がらの人に向く。情報収集に走ったり外部の人間と折衝する機会も多く、積極性や行動力も求められる。弱者へのいたわりの心がないと務まらない仕事だ。

どんな仕事?

相談を受け、調査に動き、解決策を練り、それを実行する

主に福祉事務所の窓口で生活に困っている地域住民の相談を受け、具体的な解決策を練り、さまざまな指導・助言、援助の手続きを行うなどして、それを実行していく仕事。対象は、生活保護を必要とする人、母子家庭、身障者、高齢者など。調査のため、相談者の家庭を訪問する機会も多い。また時には情報を得て、援助が必要と思われる家庭に出向くことも。フットワークが大切な仕事でもある。

これがポイント!

基礎をしっかりと学べ!

まずは大学や短大の関連学部で社会福祉の基礎をしっかりと学ぶこと。特に福祉六法をはじめとする法律・条例や制度に関する知識は必要。公的介護保険などの新しい制度も、この仕事とからんでくる。大切なのは学ぶ姿勢を常に忘れないことだ。

関連の資格を取ろう!

福祉事務所に勤務するには、地方公務員試験にパスしなければならない。採用されたからといって、この仕事に必ずつけるわけではないが、関連の資格を持っていればその可能性は非常に高くなる。社会福祉士、もしくは社会福祉主事任用資格は、ぜひとも取得しておきたい。

将来はこうなる

高齢者問題の急増、仕事も多様化。出番が多くなるぞ!

かつては生活保護関係の相談がメーンだったが、社会の高齢化が進む中、老人福祉に関する仕事が急増しつつあるのが現状。今後もこの傾向は続くと思われる。また、社会福祉のニーズが時とともに多様化していくはずで、この仕事にもより幅広い専門知識と援助技術、熱意が求められるようになる。福祉サービスのレベルアップに伴って、真の実力を持つケースワーカーの出番が豊富に用意されるはずだ。

データボックス

収入は?

地方公務員の給与体系に基づいた賃金に、若干の特殊勤務手当がつく。

休暇は?

公務員なので、土日・祝日は休み。ごくまれに相談者の都合で休日に仕事をしなければならないこともあるが、それはあくまでも例外。

職場は?

都道府県、市区町村といった地方自治体が設置している福祉事務所。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP