メニュー閉じる

社会福祉士

社会福祉士

高齢化社会の進行と公的介護保険導入で、活躍の場は急激に拡大! 多様化した福祉サービスに対応する福祉のスペシャリスト

こんな人にピッタリ!

利用者の相談を根気よく聞くことができる、忍耐強い人。的確な福祉サービスを与えることのできる判断力のある人。利用者の役に立ちたい、社会をよくしたいという思いの強い人に向いている。

どんな仕事?

相談・援助以外に、コーディネーター的な仕事もこなす

老人福祉施設や福祉事務所、医療機関などで、手助けの必要な人やその家族からの相談にのって、助言・援助を行う仕事。また、困っている人とさまざまな施設・機関、もしくは他分野の専門家とを結びつける調整役、コーディネーターとしての役割も担う。どちらの場合も、相談者の立場に立ち、専門知識とネットワークを駆使して、その人自身が主体的に問題に取り組めるような援助を行う。

これがポイント!

福祉系の大学に進学するのが近道

社会福祉士の国家資格必要となる。福祉系の4年制大学を指定科目を履修して卒業すれば、業務経験がなくても試験を受けるのが一番の近道となる。一般の大学・短大を卒業した場合は、(1)専門の養成施設で通学なら1年、(2)通信なら1年半から2年、の教育を受けることになる。

就職難! 積極的行動を

将来有望な分野だが、就職は今のところ狭き門。定期採用などないに等しいので、働きたい施設があれば見学に行ったりボランティアをするなどして接近を。各自治体の福祉人材センターを活用するのも手だ。

将来はこうなる

福祉サービスの多様化により、活躍が期待される。相談者としても貴重な存在に!

高齢化社会への道を刻々と進みゆく日本。今後、福祉が充実し、その質が向上していけば、活躍の場も広がりそうだ。また、民間の福祉事業者も増えているので、専門的な知識や技術を持つ社会福祉士はさらに必要とされていくだろう。

データボックス

収入は?

都道府県の社会福祉事業団などに勤める場合は、各地方自治体の給料表によって決定され、だいたい17万円前後。民間の場合は、勤め先によって異なる。

休暇は?

通所型の施設や事務所なら、一般のサラリーマンと似たような勤務スケジュールとなり、土日・祝日も休める。しかし、入所型の施設だと早番、遅番、夜勤という形態をとっているところが多く、いつも日曜日が休めるとは限らない。

職場は?

生活保護施設、老人福祉施設、児童福祉施設、身体障害者福祉施設、有料老人ホーム、病院、在宅福祉サービス機関、シルバー産業を営む一般企業と実にさまざま。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP