メニュー閉じる

盲導犬訓練士

盲導犬訓練士

目の不自由な人が、自由に出歩くためのお手伝いをする盲導犬(もうどうけん)を育てる。やりがいのある福祉(ふくし)の仕事だ。

こんな人にピッタリ!

犬の面どうを見るのが好きなのはもちろん、他人のことを思いやれる人。正直な人。目標をもってがんばれる人。そして体力に自信があることがベストだ。

どんな仕事?

盲導犬を地道に育てる!

ケガや病気で視力(しりょく)を失った人の歩行を手助けする盲導犬(もうどうけん)を育てる。盲導犬となる犬は、パピーウォーカー(里親)のもとで生後2ヵ月から1年まで育てられ、盲導犬育成団体にもどってくる。それから半年から1年かけて、きほん訓練や人をうまくみちびくように教える訓練をくり返しおこなう。その中で犬の適性(てきせい)を見極め、ユーザーとの共同訓練をして、盲導犬としてデビューさせる。訓練のほかにも、食事、水やり、トイレ、そうじなどといった世話は毎日欠かせない。

ユーザーなどの心のケアも大事な役目

盲導犬訓練士(もうどうけんくんれんし)といっても、盲導犬のユーザーやパピーウォーカー、飼育(しいく)ボランティアなど、いろいろな人と日々せっしている。こうした犬に対して愛じょうを持ってせっしてくれている人たちは、ずっといっしょにくらしてきた犬が、自分の元から去っていくとき、とてもつらく悲しい思いをすることが多い。そんなとき、心のケアをすることも大事な仕事の一つだ。

将来はこうなる

盲導犬の需要は高い

日本では約1,000頭の盲導犬(もうどうけん)がかつやくしている。だが、盲導犬を希望する目の不自由な人は、なんと8,000人近くもいる。盲導犬の数はまだまだ足りていないのだ。利用を希望する人が多いということからも、盲導犬訓練士への社会的な期待が大きいことがわかる。日本には今は、盲導犬訓練士として働いているのは数十名しかいない。盲導犬訓練士のニーズは高まっていくといえるだろう。

データボックス

収入は?

見習い訓練士の年収(ねんしゅう)は200万円程度とイマイチ。独立した後はピンキリだ。

休暇は?

不定期。動物相手の仕事なので、土日も休めず、とまりこみで勤務(きんむ)する場合もある。

職場は?

盲導犬(もうどうけん)育成団体(国家公安委員会によって指定されている盲導犬の訓練を目的とする法人)。補助犬(ほじょけん)育成団体、動物病院、ペット関連事業など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP