ファイナンシャル・プランナー(FP)

ファイナンシャル・プランナー(FP)

夢や具体的な目標のために、財産を増やしたい人にアドバイスをする資産づくりのプロ

こんな人にピッタリ!

お金を扱うので、きちょうめんで信頼される性格の人。相談にのったりするのが好きで、めんどう見のいい人。数学が得意で、世界情勢に詳しい人。

どんな仕事?

資産運用が複雑になり、一躍、注目の職業に

個人の収入や資産、家族構成、人生設計などを踏まえて、貯蓄やローン、保険、税金といったお金に関する総合的なアドバイスをするのが仕事。大切な財産に対して運用計画などを提案するため、最新の金融知識はもちろん、不動産や法律などについても、深くて正確な知識が求められる。貯蓄の手段や保険の種類が飛躍的に増えて、資産運用が複雑になった最近では一躍、注目の仕事になりつつある。

これがポイント!

FPの国際資格

資格には、大きく「FP技能士」(国家資格)、「AFP(アフェリエイテッド ファイナンシャル プランナー)」(民間資格/国内資格)、「CFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)」(民間資格/国際資格)の3種類がある。CFPはAFPの上級資格で、英語が得意なら海外で活躍するチャンスも。とはいえ、合格するにはハイレベルな知識が求められるので、まずは経済系の学部に進学し、基礎を勉強するのが得策。

将来はこうなる

FPがもっと身近な存在になる

FP先進国であるアメリカでは、「かかりつけの医者」や「いつも相談する弁護士」と同様に、「FP」もとても身近な存在だ。日本でもそう遠くはない未来に、FPがもっと気軽に相談できる存在となっていくことだろう。

データボックス

収入は?

企業や税理士事務所などに勤める場合、年収で400万円から700万円程度。

休暇は?

企業に勤めている場合、完全週休2日制のところがほとんど。

職場は?

銀行、生命保険会社、損害保険会社などの金融機関に勤めるのが一般的。税理士事務所や会計事務所、マネー・コンサルティング会社などにも需要がある。フリーランスで活躍している人も少なくない。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP