プロゴルファー

プロゴルファー

世界各地で行われるトーナメントに出場して、感動的なプレーで観客を楽しませる。または、ゴルフ練習場などでアマチュアなどにゴルフの技術やルールの指導を行う。

こんな人にピッタリ!

物事を自分から進んでやる人。目標に向かってつき進む人。直感がするどい人。

どんな仕事?

トーナメントに出場したり、ゴルファーにゴルフを教える

ゴルフとは、ゴルフコースをまわって、ボールをホールに入れるまでの打った数をきそい合うスポーツだ。個人競技(こじんきょうぎ)のため、自分自身とたたかう精神力(せいしんりょく)と、体力、技術ばかりではなく、コース上のや、しばの生え方などを読む能力が必要になる。プロゴルファーとよばれる人には、レッスンプロ(ティーチングプロ)とツアープロ(トーナメントプロ)の2つに分けられる。ほかのゴルファーにゴルフの指導を行ってほうしゅうをえるのがレッスンプロ(ティーチングプロ)で、自らがプレイしてほうしゅうをえるのがツアープロ(トーナメントプロ)だ。

これがポイント!

学生時代からプロゴルファーになるための練習をつむ

学生時代にゴルフ部に入り、アマチュアの大会で優勝したり、ゴルフ場・練習所の研しゅう生になって、プロゴルファーの練習を手伝いながら修行(しゅぎょう)する。レッスンプロになるには、各プロゴルフ協会(JPGAもしくはJLPGA)の実技テストにちょうせんし、規定上の成績をとることだ。一方、ツアープロになるためには、男子も女子もトーナメントプロテストに参加して合格しなければならない。合格すると自分が希望するツアーへの参加資格(しかく)をえることができる。またプロテストに合格する以外にも、ゴルフによって賞品や一定以上のほうしゅうをえると、プロとしてあつかわれるようになる。

小さいころから毎日ゴルフの練習をくり返す

最近、大きな優勝賞金をめざしてたたかうツアープロとして活やくする人たちは、子どものころから毎日ゴルフをしていた人が多い。ゴルフは天候に関わらず行われるため、天気の悪い日にも練習は欠かせない。ゴルフのトーナメントはたった1球が勝敗を分けるため、正確なショットを打てることが、優勝へとつながる。毎日反復練習をコツコツ行い、どんな天気でも、自分の思ったところに球を打てるように、努力を重ねることが求められる。

将来はこうなる

日本の社会に明るい話題をふりまく選手が続々と登場

プロゴルファーは、ほぼ毎週トーナメントがあるため、自こ管理が大切になる。つかれがたまったり、ケガで正確(せいかく)なスイングができなくなると、いいスコアはとれないから。最近、わかいプロゴルファーが、CMによく出ている。わかい選手には、さわやかなイメージと将来性(しょうらいせい)があるため、人気を集めているのだ。また、ゴルフは年れいを問わず人気もあり、年をとっても続けられるため、スポーツ人生は長いといえる。

データボックス

収入は?

トップのツアープロとなれば、ツアーの賞金とスポンサーとのけい約金が収入源。賞金王や賞金女王となれば、年収が何千万円から1億円をこえることも。しかし実力社会なので、サラリーマンとほとんど変わらない人も多い。試合のない時は、ゴルフのレッスンをしてかせいでいる人もいる。

休暇は?

ツアープロの場合、シーズン中は自分の体調を見ながらトーナメントに出場する。レッスンプロの場合、ゴルフ練習場がくんだシフト制で休み(週休2日)が取れる。

職場は?

ゴルフ場、ゴルフ練習場など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP