メニュー閉じる

サッカー選手

サッカー選手

プロスポーツ選手(せんしゅ)(なか)でも花形(はながた)職業(しょくぎょう)だ。海外(かいがい)のチームにスカウトされて、日本(にほん)以外(いがい)活躍(かつやく)するプロサッカー選手(せんしゅ)(おお)い。

こんな(ひと)にピッタリ!

体力(たいりょく)自信(じしん)がある(ひと)()けず(ぎら)い。精神的(せいしんてき)にもタフな(ひと)

どんな仕事(しごと)

クラブに所属(しょぞく)してリーグ(せん)優勝(ゆうしょう)をめざす

サッカーのクラブと契約(けいやく)し、活躍(かつやく)することで報酬(ほうしゅう)()るのがプロサッカー選手(せんしゅ)だ。日本(にほん)のプロサッカーリーグはJ1、J2、J3に()けられ、それぞれのクラスで優勝(ゆうしょう)目指(めざ)す。J1やJ2のリーグ(せん)下位(かい)になるとJ2やJ3に降格(こうかく)されてしまい、収入面(しゅうにゅうめん)などの待遇(たいぐう)()わってくる。日本(にほん)(かぎ)らす、海外(かいがい)のクラブで活躍(かつやく)することもできる。サッカーといえば、FIFAワールドカップ(国別(くにべつ)チームによる世界選手権(せかいせんしゅけん))が有名(ゆうめい)だ。世界(せかい)(ちゅう)のサッカーファンが注目(ちゅうもく)するこのビッグイベントに出場(しゅつじょう)することは、(おお)くのサッカー選手(せんしゅ)にとっての目標(もくひょう)になっている。

これがポイント!

プロサッカークラブのユースチーム(はい)方法(ほうほう)も!

プロサッカー選手(せんしゅ)になるには高校(こうこう)大学(だいがく)などのチームで活躍(かつやく)し、プロのクラブにスカウトされるか、まずプロサッカークラブのユースチーム(プロサッカークラブが運営(うんえい)する育成(いくせい)組織(そしき))に(はい)って活躍(かつやく)し、(みと)められてクラブに(はい)るという方法(ほうほう)とがある。スポーツ選手(せんしゅ)身体(しんたい)資本(しほん)(つよ)身体(しんたい)精神力(せいしんりょく)判断力(はんだんりょく)()につけ、「もっとうまくなりたい!」という向上心(こうじょうしん)必要(ひつよう)だ。

将来(しょうらい)はこうなる

サッカーを(たの)しめる環境(かんきょう)(ととの)い、サッカー人口(じんこう)増加(ぞうか)

日本(にほん)プロサッカー協会(きょうかい)は「Jリーグ百年(ひゃくねん)構想(こうそう)」として、身近(みぢか)地域(ちいき)でもっと気軽(きがる)にスポーツができる場所(ばしょ)()やす()()みを()っている。10クラブでスタートしたJリーグが、2021(ねん)は57クラブにまで()えたのは、その活動(かつどう)成果(せいか)(ひと)つといえる。サッカーは世界的(せかいてき)にも人気(にんき)(たか)いスポーツなので、サッカーができる環境(かんきょう)()え、プロになりたい(ひと)たちに(あた)えられるチャンスも()えていくことだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

Jリーグの選手(せんしゅ)契約(けいやく)はA、B、Cの3段階(だんかい)()けられ、年俸(ねんぽう)にも()まりがある。プロA契約(けいやく)年俸(ねんぽう)上限(じょうげん)はなく、プロB契約(けいやく)とプロC契約(けいやく)年俸(ねんぽう)上限(じょうげん)は460(まん)(えん)()められている。スター選手(せんしゅ)になれば(おく)単位(たんい)収入(しゅうにゅう)になるが、規模(きぼ)(ちい)さなチームでは、スポンサー企業(きぎょう)(はたら)きながらサッカーを(つづ)ける選手(せんしゅ)もいる。

休暇(きゅうか)は?

Jリーグの公式(こうしき)(せん)は2(がつ)(まつ)~12(がつ)初頭(しょとう)にかけてがシーズン。それ以外(いがい)期間(きかん)がオフになる。この時期(じき)はケガの治療(ちりょう)などをして体調(たいちょう)(ととの)えながら、(つぎ)のシーズンに()けての体力(たいりょく)づくりをしたり、シーズンを()()るためのスタミナを(やしな)う。

職場(しょくば)は?

所属(しょぞく)チームの練習(れんしゅう)(じょう)試合(しあい)(おこな)われるスタジアムなど。

なるためチャート

サッカー選手(せんしゅ)仕事(しごと)につくための(おも)なルートが一目(ひとめ)()かるチャートだよ!

PAGETOP