メニュー閉じる

スピードスケート選手

スピードスケート選手

スケートチームを()会社(かいしゃ)所属(しょぞく)し、スピードを(きそ)うスケート大会(たいかい)出場(しゅつじょう)する。

こんな(ひと)にピッタリ!

根気(こんき)のある(ひと)目標(もくひょう)()かって()(すす)(ひと)。スケートが()きな(ひと)

どんな仕事(しごと)

氷上(ひょうじょう)をできるだけ(はや)くすべり、タイムを(きそ)

スピード競技(きょうぎ)(よう)のスケートぐつをはいて、1(しゅう)400メートルのスケートリンクを周回(しゅうかい)し、タイムや順位(じゅんい)(きそ)う。日本(にほん)では実業(じつぎょう)(だん)会社(かいしゃ)()つスポーツチーム)に所属(しょぞく)し、競技(きょうぎ)生活(せいかつ)(つづ)けることが(おお)い。大会(たいかい)()成績(せいせき)(のこ)すことで、ワールドカップやオリンピックに出場(しゅつじょう)することもできる。

これがポイント!

トレーニングを()んで、筋力(きんりょく)をアップさせ、(わざ)もみがく

まずは()どものころから地元(じもと)のスケート教室(きょうしつ)(かよ)い、スケート技術(ぎじゅつ)(まな)ぼう。それからスピードスケートができるクラブや学校(がっこう)のスケート()(はい)って(わざ)をみがいていく。スピードスケートは下半身(かはんしん)筋肉(きんにく)をバランスよくきたえる必要(ひつよう)がある。スケートリンクだけでなく、自転車(じてんしゃ)やランニング、ウェイトトレーニングなど陸上(りくじょう)での練習(れんしゅう)メニューもこなす。

将来(しょうらい)はこうなる

団体(だんたい)(せん)人気(にんき)(くわ)わり注目(ちゅうもく)()はさらにアップ

オリンピックやワールドカップなど、国際(こくさい)大会(たいかい)での日本人(にほんじん)選手(せんしゅ)活躍(かつやく)目覚(めざ)ましく、スピードスケートに(たい)する注目(ちゅうもく)(たか)まっている。個人(こじん)レースだけでなく、最近(さいきん)ではチームパシュートやチームスプリントなどの団体(だんたい)(せん)も、戦略的(せんりゃくてき)面白(おもしろ)さで人気(にんき)だ。種目(しゅもく)()えることで、選手(せんしゅ)として活躍(かつやく)できるチャンスも()えていきそうだ。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

所属(しょぞく)する会社(かいしゃ)からもらう給与(きゅうよ)基本(きほん)収入(しゅうにゅう)。そのため、会社(かいしゃ)によって収入(しゅうにゅう)(がく)はさまざまだ。活躍(かつやく)()こまれる選手(せんしゅ)は、CMなどに起用(きよう)されてスポンサー(りょう)をもらうこともできる。オリンピックなどでメダルを獲得(かくとく)すれば報奨金(ほうしょうきん)()ることも。

休暇(きゅうか)は?

会社(かいしゃ)休暇(きゅうか)制度(せいど)()わせるのが基本(きほん)だが、シーズン(ちゅう)大会(たいかい)出場(しゅつじょう)と、それに()けての練習(れんしゅう)()かせない。シーズン以外(いがい)でも筋力(きんりょく)がおとろえないようにトレーニングを(つづ)ける必要(ひつよう)がある。

職場(しょくば)は?

日本(にほん)世界(せかい)各地(かくち)のスケートリンク。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP