メニュー閉じる

プロのテニス選手

プロのテニス選手

世界各地で行われる試合に出場して、テニスをプレーする。つねに勝つことが求められるため、強いせいしん力と実力を持ち合わせた者にしかなることができない。

こんな人にピッタリ!

目標に向かって地道に努力ができる人。根気のある人。スポーツが得意な人。

どんな仕事?

大会に出場して、試合に勝ち賞金をかせぐ

世界各地で行われるテニス大会に出場し、試合に勝って賞金をかせぐのがプロのテニス選手だ。テニスは選手人口があつく、選手レベルが高いこともあり、大きな賞金がつく大会がいくつも行われている。そのなかでも全英、全仏、全米、全豪(ぜんごう)という4大大会は有名だ。プロのテニス選手は、それらの大会などに出場して、優勝(ゆうしょう)を目指してプレーする。もちろん実力の世界のため、人の十倍の練習とせいしん力をきたえる努力が必要だ。なお、テニス選手はプロとして活動できるのは20代くらいまでと、ほかのスポーツにくらべて選手生命が短い。引退後はテニスを教えるインストラクターになるなど、テニスに関わる仕事で活やくする人が多いようだ。

これがポイント!

大会に出場して勝ち、上位にランキングされる

プロのテニス選手になるには、まずは学校のテニス部やテニススクールに通い、テニスのきそや技術(ぎじゅつ)を学ぶ。そして全国で行われている小さなテニス大会に出て、次にポイントのつく大会に出場して勝ち、ポイントをゲットしよう。ポイントは多くとればとるほど、より上の大会に出場できるようになる。このポイントでランキングが決まり、上位にランキングされて公に実力がみとめられれば、日本プロテニス協会でプロ登ろくができる。しかし、プロの仲間入りをしても、大会でつねに結果を残せなければ、プロのテニス選手として大きく活やくすることはむずかしいようだ。

データボックス

収入は?

世界中のプロテニス選手ときそい合える有名な大会に出場すれば、賞金金額も高くなっていく。全豪、全仏、全英、全米の4大大会の優勝賞金は、1億5000万円くらいが相場だ。そのためランキング1位のテニス選手となると年収20億円にもなる。さらにメーカーとのけいやく金、CM出えん料、レッスン料などももらうことができる。その反面、トレーナーやコーチをやとったり、テニス用具をそろえたりといろいろ経費(けいひ)もかかるようだ。

休暇は?

大会がないオフシーズンに休みを取る。ただし、オフシーズンは大会期間中に直せなかった動きの練習や技術を覚えたり、来シーズンに向けての体作りやトレーニングをする大切な時期でもあるため、休み中もテニス中心の生活になる。

職場は?

テニス大会、テニススクールなど。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP