プロの陸上選手

プロの陸上選手

オリンピックや世界選手権などの大きな大会で、メダルを取れるのがプロの陸上選手。短きょり走、長きょり走、ハンマー投げなどの陸上きょうぎを得意とする。

こんな人にピッタリ!

目標に向かってつき進む。自分から進んでやる。直感がするどい。

どんな仕事?

会社のせんでんとうとなって、大会で活やくする

会社のせんでんのために社名の入ったユニホームを着て、大会に出るのがプロの陸上選手だ。陸上競技は、基本的にアマチュアスポーツなので、中には会社のけいやく社員として、ほとんど仕事はせずに競技にせん念しているプロ同然の人もいる。また、会社とけいやくしてるが、練習は母校の大学という選手もいる。プロの陸上選手は会社とスポンサーけいやくして、けいやく料やCMなどの出演料で生活をしているため、大会での活やくが約束されているような、実力と人気のある選手しかなることができない。その収入で栄養士やスタッフの人件費、合宿経費などをすべてまかなっている。

これがポイント!

陸上の強い学校に入り、ひらすら練習して大会で結果を出す

プロの陸上選手になるには、とにかく大会で記録を残すことが大切だ。高校のインターハイを三れんぱ、またはインターハイと国体で優勝など、ずば抜けた結果を出せれば、スポーツチームを持っている会社(実業団)からおさそいがくる。もしくは、スポーツチームを自分で探して入り、会社に所属しながら陸上をすることになる。そのためにはまず、高校は陸上の強い学校に入り、朝から夜まで、休みの日もほとんど遊びに行かず、たくさんの練習メニューをこなす。食事も制限がかかるため、好きなものが食べられない、という日々の絶えまぬ努力が必要だ。

データボックス

収入は?

けいやく料やCM出演料、さらにはイベント参加料などが収入だ。人気の選手になれば、年収数千万円以上にもなることも。

休暇は?

オフシーズンとよばれる寒い時期に休みを取る場合が多い。その間も体のきそ作り、土台作りのためのトレーニングは欠かせない。

職場は?

陸上きょうぎ場など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP