メニュー閉じる

陸上選手

陸上選手

短距離(たんきょり)(そう)長距離(ちょうきょり)(そう)、はばとび、(こう)とび、(とう)てきなどの陸上(りくじょう)競技(きょうぎ)大会(たいかい)活躍(かつやく)する。

こんな(ひと)にピッタリ!

目標(もくひょう)()かって()(すす)(ひと)(からだ)(うご)かすのが()きな(ひと)

どんな仕事(しごと)

実業(じつぎょう)(だん)やプロの選手(せんしゅ)として会社(かいしゃ)やスポンサーのイメージアップにこうけんする

会社(かいしゃ)()っているスポーツチーム(実業(じつぎょう)(だん))に(はい)って、給料(きゅうりょう)をもらいながら競技(きょうぎ)(つづ)ける選手(せんしゅ)(おお)い。社名(しゃめい)(はい)ったユニフォームを()大会(たいかい)出場(しゅつじょう)し、()成績(せいせき)()げることで、会社(かいしゃ)宣伝(せんでん)やイメージアップにこうけんする。また、個人(こじん)でスポンサー契約(けいやく)(むす)ぶプロの陸上(りくじょう)選手(せんしゅ)()えている。(おお)きな大会(たいかい)注目(ちゅうもく)される実力(じつりょく)人気(にんき)のある選手(せんしゅ)宣伝(せんでん)効果(こうか)(たか)いので、高額(こうがく)契約金(けいやくきん)やCM出演(しゅつえん)(りょう)などを()にすることができる。その収入(しゅうにゅう)でコーチや栄養士(えいようし)などスタッフの人件(じんけん)()合宿(がっしゅく)経費(けいひ)などをまかなう。

これがポイント!

陸上(りくじょう)(つよ)学校(がっこう)(はい)大会(たいかい)結果(けっか)()

陸上(りくじょう)競技(きょうぎ)生活(せいかつ)できる選手(せんしゅ)になるには、(なに)よりも大会(たいかい)記録(きろく)(のこ)すことが大切(たいせつ)だ。高校(こうこう)のインターハイや大学(だいがく)選手権(せんしゅけん)などで、ずばぬけた結果(けっか)()せば、実業(じつぎょう)(だん)からのスカウトも期待(きたい)できる。そのためにはまず、陸上(りくじょう)競技(きょうぎ)熱心(ねっしん)高校(こうこう)大学(だいがく)(はい)り、練習(れんしゅう)環境(かんきょう)(ととの)った(なか)でレベルアップを目指(めざ)そう。チーム(ない)にライバルも(おお)いので、たゆまぬ努力(どりょく)必要(ひつよう)だ。

将来(しょうらい)はこうなる

活躍(かつやく)()(ひろ)がり陸上(りくじょう)でかせげる時代(じだい)に!

陸上(りくじょう)競技(きょうぎ)はアマチュアの大会(たいかい)基本(きほん)だが、賞金(しょうきん)()るケースも()えてきた。オリンピックと(なら)世界(せかい)規模(きぼ)世界(せかい)陸上(りくじょう)競技(きょうぎ)選手権(せんしゅけん)大会(たいかい)世界(せかい)陸上(りくじょう))は、アスリートに資金(しきん)()きわたることを目指(めざ)して賞金(しょうきん)分配(ぶんぱい)している。また、国内(こくない)のレースやイベントに招待(しょうたい)されるプロ選手(せんしゅ)(おお)い。アスリートをイメージキャラクターに起用(きよう)する会社(かいしゃ)()えており、活躍(かつやく)()はますます(ひろ)がっていきそうだ。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

実業(じつぎょう)(だん)所属(しょぞく)する選手(せんしゅ)収入(しゅうにゅう)給与(きゅうよ)基本(きほん)。その会社(かいしゃ)規模(きぼ)業種(ぎょうしゅ)によってさまざまだが、大会(たいかい)賞金(しょうきん)などの(ふく)収入(しゅうにゅう)()ることもある。プロの陸上(りくじょう)選手(せんしゅ)日本(にほん)でも()えていて、スポンサー契約(けいやく)、CM出演(しゅつえん)(りょう)などで年収(ねんしゅう)数千万円(すうせんまんえん)以上(いじょう)になることもある。ただし、活躍(かつやく)できなければ契約(けいやく)解除(かいじょ)となるシビアな世界(せかい)だ。

休暇(きゅうか)は?

オフシーズンと()ばれる(さむ)時期(じき)(やす)みを()場合(ばあい)(おお)い。その(あいだ)(からだ)基礎(きそ)(づく)りなどトレーニングは()かせない。

職場(しょくば)は?

陸上(りくじょう)競技(きょうぎ)(じょう)など。

なるためチャート

陸上選手(りくじょうせんしゅ)仕事(しごと)につくための(おも)なルートが一目(ひとめ)()かるチャートだよ!

PAGETOP