すし職人

すし職人

すし屋や和食屋料理屋で、にぎりずしや巻きずし、ちらしずしなどをつくる。すしは海外でも人気のある日本食で、海外で活やくするすし職人(しょくにん)もいる。

こんな人にピッタリ!

物事に熱中しやすく、自分のこだわりを持っている人。協調性がある人。立ち仕事なので、体力のある人。

どんな仕事?

季節のおいしいネタを見極め、すしをにぎる

日本を代表する料理「すし」をつくるのが仕事だ。毎朝、魚介類(ぎょかいるい)を市場で仕入れ、下ごしらえをした「ネタ」をお客さんの前でにぎる。酢(す)などの調味料をまぜて味をつけたシャリ(ごはん)をつくる、魚をさばき、すしネタをつくる技術も必要だ。お酒のつまみとなるように、すし以外の料理をつくることも。

これがポイント!

一人前になるには10年かかる

すし職人(しょくにん)には学歴や資格(しかく)は必要ない。まずは、すし屋で店内のそうじや食器あらいをして修行(しゅぎょう)をつむ。出前などの雑用(ざつよう)をしながら、せんぱいの仕事を見たり、教えられたりして技術を覚えていく。すし職人養成講座(しょくにんようせいこうざ)やせんもん学校もあるので、そこで勉強をしてからお店に入って修行する人もいる。なお、一人前のすし職人になるには大体10年はかかるといわれている。すしの世界には「シャリたき3年、あわせ5年、にぎり一生」という言葉があるくらい、おくが深い。職人(しょくにん)として技術を身につけたあと、独立する人もいる。

接客の技術も必要

おいしいすしをにぎるほかに、目の前で素早くにぎる手ぎわのよさや、お客さんに気持ちよく食事してもらうための接客と清潔感(せいけつかん)も大切だ。あいさつや言葉づかいなどは、修業時代にしっかり身につけておきたい。また、調理師、専門調理師(せんもんちょうりし)、調理技能士(ちょうりぎのうし)の資格(しかく)があると就職(しゅうしょく)に有利である。しかし、働いてから取ることもできる。

将来はこうなる

海外にはすし屋がふえている

個人で経営(けいえい)するすし屋は、減少しつつあるが、回転ずしのような店はふえている。しかし、回転ずし店では機械化が進んでいるため、職人(しょくにん)がすしをにぎることは少なくなっているようだ。いろいろな外食産業があるなかで、独立して店をかまえても、経営(けいえい)はきびしいと思われる。海外では、すしはヘルシーな料理として人気が高まってきたので、アメリカや中国で活やくできる機会は、ふえていくだろう。

データボックス

収入は?

大体年収は300~400万円くらい。有名店になるともっと高給が期待できる。

休暇は?

月6日くらい。

職場は?

歴史のあるすし屋、すしバー、チェーン展開している回転すし店など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP