刃物職人

刃物職人

鉄やステンレス、セラミックなどの金ぞくを加工して、包丁、ナイフ、ハサミなどの刃物(はもの)を作り出す。

こんな人にピッタリ!

地道な作業ができる人。ものごとに熱中しやすい。

どんな仕事?

生活用品として役立つ刃物(はもの)を作る

刃物(はもの)は、武器として使うものと、道具として使うものがあるが、現代の刃物職人(はものしょくにん)が作る刃物は、道具として使うものである。刃物の作り方は、金ぞくを窯(かま)に入れて焼き入れし、十分に赤く熱したころに金づちなどでたたいて形をととのえ、水に入れて焼きもどしを行う。それをくり返し、形がととのったらといで、包丁やハサミといった製品にする。名の知れた職人がつくった包丁は高いねだんがつき、こだわりのある料理人が買いに来る。「使いやすい」という声を聞けることが、職人にとって最高にうれしいしゅんかんだ。

これがポイント!

刃物の産地にある工房に弟子入りする

日本での刃物生産地は、岐阜県関市や大阪府堺市、海外ではドイツのゾーリンゲンが有名だ。刃物職人になるには、刃物の産地に行き、たくさんある工房(こうぼう)や工場をまわって、弟子入りさせてくれるところをさがす。どの工房も毎年求人をしているわけではないので、せまき門だと言える。弟子入りがみとめられたら、刃物のはん売も手伝いながら、職人としての高度な技術を身につけていく。

将来はこうなる

現代人に受け入れられる刃物作り

日本で作られてきた刃物は、日本の文化と風土にあうように作られた伝統工芸品だ。これからも今までの技術(ぎじゅつ)を、しっかり受けついでいかなければならない。しかし、それだけでは機械化におされて、手作りの刃物はしょうらい的になくなってしまうかもしれない。そうならないためにも、伝とう的な技術を活かしながら新しい技術も取りこみ、現代人に受け入れられるような刃物作りができる職人(しょくにん)が求められていくはずだ。

データボックス

収入は?

刃物のねだんは決まっていないため、収入はひとくちには言えない。プロの料理人に使ってもらえるような良い刃物が作れるようになれば、多くの収入も期待できる。

休暇は?

弟子入りした工房(こうぼう)によってちがうため、ひとくちには言えない。

職場は?

刃物職人が営む工房(こうぼう)など

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP