珠算能力検定

珠算能力検定

そろばんを使って、どれだけ早く、正確に計算できるか。その力を判定するのが珠算(しゅざん)能力検定だ。そろばんは全国各地で競技大会も催(もよお)されている「頭のスポーツ」なのだ。

「時代遅れ」だなんて、とんでもない!

そろばんは、親指とひとさし指で玉をはじいて、たし算や引き算はもちろん、かけ算や割り算もできる便利な道具。でも、こんなふうに思っている人も多いかもしれない。
「そろばんなんて時代遅れ。電卓はもっと便利だ」
いやいや、そうじゃない。たしかに電卓はとても便利な機械だが、古いものをバカにしてはいけない。そろばんを学んでこそ身につく力もあるのだ。例えば…
1.暗算に強くなる
そろばんの計算に慣れると、実物のそろばんがなくても、指を動かせば頭の中で、すばやく計算ができるようになる。ペンも紙も道具も使わずに、暗算できてしまう。ちょっとした生活の中での計算はもちろん、学校の算数や数学のテストでも役に立つワザだといえる。

頭脳にいい汗をかかせよう

そろばん方式の暗算では、頭の中のそろばんを猛スピードでパチパチはじく。動かす玉のイメージを、次々と頭に焼きつけていかねばならないので、計算中は気が抜けない。頭脳をフル回転させると、記憶力や集中力も高まっていく。
珠算能力検定で試されるのは、こうした計算力や集中力だ。決して時代遅れではなく、頭の回転を速くする勉強法として、再び注目を浴びている。3級以上の合格者を入学試験で優遇している大学もある、現役バリバリの検定なのだ。

検定インフォメーション

受検資格は?
年齢制限はなし。だれでも受験できる。
試験日は?
4〜10級は2カ月に1回のペースで実施。
1〜3級は年3回の実施。
検定料は?
820円〜2040円(級によって異なる)
団体受験できる?
商工会議所や珠算連盟が設けた会場で可能

問い合わせ先

・日本珠算連盟(日本商工会議所が主催する珠算能力
検定1〜6級を事務受託。7〜10級は主催。そのほか、
暗算検定1〜10級・読上算/読上暗算1〜6級・段位
認定試験を主催)
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-17-9 
TCUビル6階
TEL 03-3518-0188

珠算能力検定試験

PAGETOP